日本の再生に向けて

戦後教育の洗脳から脱却する為に、近現代史を学ぼう

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

「国境なき記者団」、見識もない記者達

国境なき記者団」 報道自由度ランキング、偏向と偏見だけの日本の評価

記者団は、この程世界180ヶ国の報道の自由度の評価を発表した。

報道の自由度と言う数値化が難しい分野であるが、それを国別に数値化した2016年の結果は、どういう訳か日本は順位を更に落として、韓国より下になった。
あの産経新聞記者を名誉棄損で起訴し出国足止めをする程の韓国より報道の自由度が無いとは、日本はそんなに酷い国か、何故下がったのかと思って調べてみた結果が、この報告です。

 結論を言えば:
 1.特定秘密保護法や福島原発による大事故があったから国家統制が強化され、結果として日本の評価が下がったとする
  記者団の評価だが、それは全く根拠のない自分の都合のいいように強引に理屈をこじつける牽強付会そのものである。

 2.ではなぜ日本の順位は後退したのか?
  安倍政権が日本弱体化を図る勢力・団体・国家にとって都合の悪い政権なので、屁理屈を捏ねて「見識もなき記者団」が、
  この時期-G7 前のこの時期に世界に向けて安倍デイスカウントを図っただけである。
  兎に角評価を下げたのは、政治的な意図で行っただけである。

 3.そのそもこの記者団は他国を検証できるほどの公正・公平な機関なのか?
  先ずそう宣言するのが始めではないか
ーーーーーーーーーーーーーーー

 結論の理由を以下に出来るだけ具体的に述べる。

  1.記者団の評価は理由が無い、感情だけの評価 (図1参照)
   東日本大震災後翌年2012年のの評価でも、評価は下がっていなかったし寧ろ良くなった評価を記者団は下した。
   添付図1に示すが、評価を下げたのは安倍政権の誕生直後からである。未だ特定秘密保護法も安保法案も上程される以前
   から、記者団は評価を下げている。理由が無いから東日本大震災や福島原発事故を取って付けただけである。
   図1.は世界銀行が行っている報道の自由度の評価も入れているが、安倍政権が誕生しているからと言って、さすが世銀で、
   そんな見え透いた事は出来ないから、評価はさほど変化はない。
   単に安倍政権が嫌いだから評価を下げた、としか理解出来ない。

  2.記者団の評価は偏向している (図2参照)
   記者団が韓国をどう評価しているか、産経新聞記者の起訴・出国禁止の評価が、この記者団の性格を現しているだろう。
  記事を書いた新聞記者を起訴し、出国止めにした韓国の報道の自由度は、相当悪化していると評価されるだろうと思いきや、
  何と全く変わらない評価であった。図2を参照下さい。
  韓国自身を記者団は、自由度が大幅に増している傾向に、記者への制限は全く影響ない模様に、評価しているのだ。

  この国境なき記者団は身に降り掛かる危険を感じ取らないのだろうか。
  記者が外国に行き自分の記事が原因でその外国で起訴され出国も出来ない状態になったら。そうなる恐れを記者に抱かせる
  だけでも相当な報道の自由の制限になるのだが、そんな危険など全くない様な評価を下す記者団は、偏向していると断言で
  出来るだろう。

  3.大震災・テロで報道の自由が制限される嘘、フランスの事は何も言わない不思議さ 「図3)
   図3を見て頂きたい。フランスでの昨年11月に起きた同時多発テロの後に、同国での報道の自由度はどう変化したか?
   何も変化していないし寧ろ良くなった評価をしている。
   フランスはテロ後に電話盗聴・通信傍受等で報道の制限をしている事は自明である。
   国境なき記者団フランス国家とフランス国民からの寄付によるところ大らしいが、だからであろうか。

この様に「見識もなき記者団」の評価は偏見・偏向と感情だけに満ち溢れたものである、が何故この時期に安倍政権を貶める為に「狂奔」したのであろうか。

 フランス政府?何のメリットもないだろう。中共政府?
確かに中共にとっては、目の上のたん瘤である。

「見識なき記者団」は中華人民共和国政府から1銭の寄付を貰ってない、或はどの政府からも影響されていない団体である、自らが公正・公平・不偏不党の検証機関であると先ず宣言してから、他国に「つべこべ」言うべきであろう。 


国境なき記者団の疑問

スポンサーサイト

PageTop

展転社 南京取立て裁判 中国国民の公正と信義を信じない高裁判決

展転社 裁判
 中国人の公正と信義を信じない高裁判決が出ました

A judgement of Tokyo High Court. The decision rejects 'trusting in the justice and faith of the peace-loving People' of Republic of China

 こういう言い方をすると誤解を受けるのは承知だが、でも現実はそうなんだから、と書きます。
現日本国憲法は「平和を愛する諸国民の公正と信義に信頼して、われらの安全と生存を保持しようと決意した」とあるが、その諸国民にかの国は入っていない判決が東京地裁で出て、今日東京高裁で同じ結論となったのだから、もう間違いないだろう。

 今日中国南京裁判所が出した判決の代執行を求めた裁判で、東京高裁は訴えた原告(支那人 夏淑琴)の控訴を棄却した(午後2時35分判決)。
この支那人の訴えを認めると、例えば中国の歴史観と違う見解を述べた本を出版したら中国で訴えられ損害賠償を払う事になってしまう。大変恐ろしい事である。ちょっとでも彼等の意に沿わない事を言ったら金をふんだくられる事になりかねないのだから。

 憲法の前文が如何に現実にそぐわないかを現していないだろうか。
諸国民は平和を愛さずテロをそして戦争をやるし、約束なんて守らずに日本の世界遺産登録を妨害し、公正なはずのある国民は盗んだものを返さないし、嘘で我々とご先祖を誹謗中傷している。

 この地裁と高裁の判決が意味する事は単に中国の判決が日本で意味をなさないだけでなく、日本の判決が彼の国で何の役にも立たない事を意味する。
どんなにこちらの言い分が正しくそして中国人に賠償する義務があろうが、あちらの国では取立てが出来ない事を意味する。
民間会社では、前金、信用状支払い以外では契約するな、と言う事になる。
40数年後の日中友好の現実である。

PageTop

国際テロの再幕開け

国際テロの再開
 極左暴力集団の国際的な連携


 イラクの国際暴力団ISILが再三再四安倍政権にいちゃもんを付けるのは、それなりに理由がある。
山本太郎参議院議員のISIL非難決議の際での退席ー非難の拒否は合点がいく。

そもそも山本太郎議員の周りには中核派がおり、体質はISIL同じの国家否定・暴力革命崇拝なのである。

 中核派を始めとする集団は安倍政権の誕生、秘密保護法制定、対テロ資金撲滅、スイス銀行等の海外秘密口座の摘発により、活動出来にくくなってきたのではないだろうか。

 面白いのだが、彼等極左集団は国連を悪用してその委員会に「勧告」と称して、自分等の主張を言わせて来た。しかしこのところその手口が判ってしまい、だからISILを使って日本を脅しているのではないだろうか。
大変奇想天外な根拠や証拠が全くない「妄想」である事は承知しているが、呟いてみた。

PageTop

朴槿恵大統領はジャンヌダルク気取り?

産経新聞ソウル支局長起訴

          朴槿恵大統領はジャンヌダルク気取り?



 朴大統領が名誉棄損されたと訴えたその「名誉「とは、闘う聖少女ジャンヌダルクのイメージを日本で毀損されたからではないだろうか。

 何事にも日本の評判を気にし、日本の在日であり「親韓国派」に評価を気にするからこそ、①日本人によって②日本で➂その名誉を穢されたから、立腹し起訴したのではないだろうか。
 3つの条件が重なったから起こったのだ。
 だから韓国人が書いた元記事の記者も新聞社も訴えられないのだ。

韓国を工業国にした父、日本軍人の父、その尊敬する父と同じように韓国の為に尽す朴槿恵大統領、向かう敵と女手で立ち向かう韓国ジャンヌダルク-朴槿恵大統領、そのジャンヌダルクが求められた闘いに出向かず、男と7時間も密室で会っていた、と書かれては、腹が立ったであろう。

 この記事が支那人や米国人やイギリス人で書かれそれぞれの国で報道されたのであれば問題にはならなかったろう。事大主義もあろうが大したことではないからだ。日本人に言われ、日本で報道されたことが腹の立ったのだ。

 産経新聞が狙われたとの理由も説得力を持つが、ジャンヌダルクの名誉棄損も理由の一つではないだろうか。

PageTop

吉見義明の選択

性奴隷」捏造裁判
             吉見義明氏の選択は?


 原告吉見義明氏は「性奴隷」の権威としての名誉を穢されたとして、桜内文城代議士を名誉棄損で昨年の7月に訴えた。

ところがそれから情勢は一変した。性奴隷の根拠であった
 1)河野談話は検証されその強制性の文言は韓国との外交的な妥協の産物であり、執拗な韓国の強制性の認知要求を日本政府は拒否していた事が判明し、

 2)頼りの朝日新聞は吉田証言が嘘であったと認めて終い

残るは国連のクマラスワミ報告と委員会が「性奴隷」を前提とした勧告だけとなった。
 しかしそのクマラスワミ報告も勧告も吉田清治の嘘に依拠している以上、「性奴隷」が真実であると証明する事は難しい。この裁判は殆ど「詰み」である。

 吉見氏は詰む前に投了して潔く負けを認めるであろうか?告訴の取り下げである。それとも最高裁まで争うだろうか?
最高裁まで持って行こうとしても高裁で門前払いだろう。そもそも東京地裁で裁判になっていないのだから。
訴えた原告が何が名誉棄損か説明できないのだから。

 私が「性奴隷」捏造の工作機関の黒幕だとしたら、吉見氏に名誉の退場を「勧告」するだろう。吉見氏に遺書を書かせ自殺して貰う事である。
「いわれなき非難に耐え兼ね」、「でも私の主張は正しい」、「遺志を継いで闘いを継続して欲しい、私は見守る」等と遺書には書かれるであろう。
譬え吉見氏が拒否しても黒幕は「自殺」をさせるのではないだろうか、もう用済みとして。

 我々は彼の「自殺」を望まないし、告訴取り下げも望まない。最後まで闘い切って欲しい。
それが吉見氏が希望した、(日本の)「人権が護られ」、「二度とこのような悲劇を起さない」事に役立つからである。

 吉見氏よ「自殺」を強要されても拒否し、くれぐれもそのような強要しそうな人達に会わないで欲しい。

 吉見氏よ、最後まで闘え!

            「自殺」なんぞ 絶対するな!、絶対させるな!

 

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。