日本の再生に向けて

戦後教育の洗脳から脱却する為に、近現代史を学ぼう

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

国籍法 最高裁判所の問題点1

 今進められている国籍法改正の手続きが‘急ぎ過ぎ’であることは明白である。与野党対決のどさくさに紛れての公明党の暴走と言える。公明党が外国人参政権や人権擁護法案と同様、外国人票を増やして票を取り込もうとしていると指摘されている。迷惑であり、危険な話である。

 改正を急ぐ連中の大義名分が、最高裁判断だからとか、子供の人権を守れ、だのと言っているが、子供の人権を尊重するなら、「結婚してから子供を作れ」、「扶養する積りがないなら作るな」と言うのが、本当の意味での生れてくる子供の人権尊重である。
最高裁の判断でも意見が分かれた。15人の判事のうち違憲とする判事が10人(以下‘違憲派’或いは‘賛成派’と呼ぶ)、違憲でないとする判事が5人(以下‘反対派’と称す)である。
そして判断だけでなく、裁判所の司法権の濫用に近い意見まで出ており、その意味で判決文は、違憲と言っているが、堂々と言っているわけでなく、腰の引けた違憲判決である。

 判決文にその子供の人権に関して反対派の次のような意見が記されているが、私は至極もっともである:

 「国籍が基本的人権の保障等を受ける上で重要な法的地位であるとしても,特定の国の国籍付与を権利として請求することは認められないのが原則であって,それによって上記裁量が左右されるものとはいえない。また,無国籍となるような場合は格別,いずれの国の保障を受けるか,例えば我が国の保障を受けるか,それとも他国の保障を受けるかということは,各国の主権にかかわることであり,法的な利益・不利益も,それぞれの国籍に応じて,居住国あるいは事柄によって相違し,時には反対にもなり得る相対的なものであることも考慮すべきである。」
 
 これに較べれば賛成派の論旨は「世界の流れとか」と言って論旨の論になってない。

 当時の15人の判事の内賛成した判事は10名で、その判事になる前の職を観ると10人中5名が元裁判官で、4名が元弁護士出身、と元学者1名である。

 それら10名の判事は:
   島田仁郎 元裁判官(S13年11月22日生)
   藤田宙靖 行政法学者(S15年4月6日生)
   泉徳治 元裁判官(S14年1月.25日生)
   才口千晴 元弁護士(S13年9月3日生)
   今井功 元裁判官(S14年12月26日生)
   中川了滋 元弁護士(S14年12月.23日生)
   那須弘平 元弁護士(S17年2月11日生)
   涌井紀夫 元裁判官(S17年2月11日生)
   田原睦夫 元弁護士(S18年4月23日生)
   近藤崇晴 元裁判官(S19年3月24日生)

 反対した5名の判事
横尾和子 元社保庁長官(S16年4月14日生)
津野修 元法制局長官(S13年10月20日生)
古田佑紀 元検事(S17年4月8日生)
甲斐中辰夫 元検事(S15年1月2日生)
堀籠幸男 元裁判官(S15年6月16日生)

 15人中5人も反対が有ったのは他の最高裁判決と比べ異常である。

15人中元弁護士4名全員賛成で有ったし、学者出身の判事も賛成であった。

最高裁が発表している判決要旨は以下であるが、その要旨を読んだだけでも判決の危うさが出てくるではないか。第二項の「日本国民である父と日本国民でない母との間に出生した後に父から
      認知された子につき」とあるが、生れる前に日本国民の父が、どうして生れた後に子供として認知もせず、扶養もしてないのに,ある日突然子供を「認知する」のだろうか?

 平成20年6月4日最高裁判決
   事件番号平成19(行ツ)164 国籍確認請求事件高裁判決破棄事判
   判決要旨
1 国籍法3条1項が,日本国民である父と日本国民でない母との間に出生した後に父から認知された子につき,父母の婚姻により嫡出子たる身分を取得した場 合に限り日本国籍の取得を認めていることにより国籍の取得に関する区別を生じさせていることは,遅くとも平成17年当時において,憲法14条1項に違反す る
2 日本国民である父と日本国民でない母との間に出生した後に父から認知された子は,父母の婚姻により嫡出子たる身分を取得したという部分を除いた国籍法3条1項所定の国籍取得の要件が満たされるときは,日本国籍を取得する

****

その2に続く(各判事について、現在の最高裁判事)

スポンサーサイト

PageTop

日本会議って?

 「日本会議」って右翼団体ですか?と、良く聞かれます。

 日本では「右翼」のイメージを悪くしてます。左翼の人が自分以外を呼ぶ時に言えば、それは当然なはずなのに、左翼の場合は「市民運動団体」「リベラル派」「憲法擁護派」とか、曖昧な言葉で誤魔化しています。
マスコミが曖昧言葉で左翼を「何となく良いイメージ」に、右翼をその反対に置いて「何となく悪いイメージ」作りに、貢献していると思います。
街で見かける黒塗り街頭宣伝車の団体が「右翼」のイメージを作っている面をあります。

 話を元に戻すと、日本会議は一言で言えば保守派です。日本の伝統を守り、そして発展して行こうとする団体です。そう言うとマスコミは墨守派とか守旧派のレッテルと貼り、一方を革新派と呼びます。
ですから、右翼だろうかなどは、余り意味を持ちません。中身を見ることが大事だと思います。

 私は日本会議をネットで知りました。その当時数年前は今よりも情報量は少なく、正直なところ入る前は、私も少し不安でした。一度入ったら出られなくなるのではないか、寄付と称してお金を出さされるのではないか等で
、家族には反対されました。
しかし入ってみると、家族的であり、リベラルであり、自由に意見も言えるところです。
良い所ばかりでないことはどの組織も同じで、私が感じる難点を言えば、すこしお坊ちゃん的というかぬるま湯的でしょうか。家庭的な面でのプラスでもあり、私は両面と考えマイナスかなと思います。バリバリの元気な現役がもっと入れば、うまく活性化すると思います。

 学校では政治を、権謀術策が飛び交う何か闇の世界の事のように教えられました。しかし政治こそ我々の社会を豊かにする人間の智慧であると、最近になってわかりました。この歳で今頃ですか、と笑われそうですが、事実ですから、甘受します。

PageTop

一票の価値

最初に一言
 私は日本会議の一会員でありますが、日本会議から頼まれて勧誘している訳ではなく、私個人が勝手にブログを立ち上げ、勝手に入会を呼び掛けています。


 日本会議に入ろうと呼び掛ける理由の一つが、今回の国籍法改正(実際は‘改悪’であるが)阻止で、組織の力が大事な事を痛感した為です。
そして公明党のバックである創価学会に注目しました。
改悪は一部自民党議員と公明党が中心となって強引に改悪法案を通そうとしています。
何故公明党は斯くも力があるのでしょうか? それは彼らが持つ組織票の力‐政治力です。

 選挙の一票を以って有権者は平等であると喧伝されているし、学校でもそう教えらました。
投票結果では確かに一票は同じですが、果たして一票は同じ‘価値’でしょうか。
違います、票が政治力として働く事が見過されています。

 創価学会と議員を例に取りましょう。創価学会は議員に「私は貴方に千票投票できます」、と言って圧力をかけ、学会に有利になる様に働きかける事が出来ます。では私個人がお願いしたら、議員は動くでしょうか?
私の一票に政治力がないことは明らかです。
ではネットで数に頼んで圧力をかけるとどうなるか? 議員は政治的な圧力を受けたと感じるだろうか? 答は又否である。議員は選挙区の有権者の数を気にするのであり、実体が捉えられない「どこの選挙区の人?」の声よりは、選挙区の創価学会の声を択びます。

 創価学会はこの手で議員に数年間に亘って何度も圧力がかけられます。非組織の票が圧力をかけられるのは、公示から投票までの僅か数週間だけです。
一度口に入れると溶けてしまうチョコレートと、何度でもなめられる飴玉の関係です。
その上に理論的には、数人の議員に対して圧力がかけられます。騙されて落ちた議員には、「ハイさよなら」、当選した議員には「私のお陰ですよ」と言えます、誰に投票したなんかわからないのが民主主義’の選挙ですから。
 
 圧力回数 X ロビーした議員の数 = 一票の価値

の式が成り立ちます。
一票は‘手を変え品を変え’て政治力の道具として何度でも使われ、価値を極大化させるのが創価学会の手品です。

 創価学会の会員数はどの位でしょうか? 自称一千万人と言っていますが、昨年の参議院全国区での総得票数が8百万票弱からして、言われている4百万前後が妥当と思われます。
選挙での有権者数が1億7百万人でしたから、僅か3.7%の得票で、与党の一角として自民党の鼻ズラを引き回せる手品の種が、一票の価値の最大化です。
選挙ともなると創価学会員はフル活動します。親戚、友人、同窓、趣味などの仲間に電話をかけ投票を依頼する、そして自分は必ず投票する。
一方の非組織有権者はどうしているか?
参議院選挙の投票率が58%でしたから、半分以上は投票にも行ってない、つまり非組織票の価値は更に半分‐創価学会の価値は更に2倍となる。

 もうお分かりですね、創価学会員の一票は、組織なしの一票に対して数倍、数十倍の価値が出ます。3.7%が数十倍の力となって、マジョリテイを占め、政治を動かすのです。
ネットで、創価学会を非難したり、議員に電凸やファックスをしたりして、改悪反対を訴える活動を否定はしませんが、創価学会や、闇に潜む売国・反日議員に対抗するには、票の力を見せる事が必要です。

 日本会議への入会を呼び掛ける所以です。

 入会を希望する方は以下のサイトへ
   http://www.nipponkaigi.org/0500-nyukai/0530-nyukai.html

 日本会議について知りたい方は以下のサイトへ
   http://www.nipponkaigi.org/0100-toha/0110-syokai.html

('07年参議院選挙に関する数字は中央選管のHPより引用した。)

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。