日本の再生に向けて

戦後教育の洗脳から脱却する為に、近現代史を学ぼう

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

麻生総理 靖国参拝を

麻生自民党総裁 内閣総理大臣殿

靖国に参拝すれば自民党は民主党に勝ちます

東京都には自民党の支持票が三百万票あります。
この支持層の票を丹念に集めれば自民は東京で勝てます。民主の基礎票は150万位だから。

平成17年の郵政解散選挙でも、19年の都知事選挙でも自民党や石原都知事が得票した票が3百万。しかし先日の都議会議員選挙では半分だった。

原因は支持を得られなかったのではない。支持者が逃げたのだ。私の知り合いでも投票するところがないと言って投票所に行かなかった。
自民支持層で投票所に行った人で民主党にした人も相当いる。その人たちは共産党や公明党に入れたくないから民主党に入れたのだ。

自民党はマスコミの騙されて浮遊層を追っかけさせられている。その数は東京都で言えば20から30万人位。有権者は追っかけられると逃げる習性をもつ。女性追っかけが成功しないのと同じだ。
総理は目の前でちらちらする人に目を奪われて仕舞ってるが、20-30万と150万人を天秤にかけているのに等しい。

その逃げた百五十万人を呼び戻す方法があります。靖国に参拝し国の為に散った人に栄誉を与えることだ。そうすれば逃げた支持者は喝采しあなたを見直し、そして自民党を見直す。

マスコミ? 丁重に無視すべし、中国韓国も同じ。自民党内の批判派? 抵抗勢力として離党させなさい。そして選挙区には刺客を送りなさい。田母神氏を三顧の礼で迎えて候補者とすべし。

反省する点は内閣支持率を落とした事-人気を失ったことでなく、自民党を支持する有権者の支持を得られなかった事です。


スポンサーサイト

PageTop

民主党の嘘

民主党は嘘つきか精神錯乱している

外国人への地方参政権付与を進める民主党は、「外国人に地方参政権を与えるのは地方の為であり国政とは関係ない」と言っていたが、今度は「東京都議会選挙で自民党は負けた。直ちに辞職せよ。」と言っている。

二枚舌と言うか、嘘つきと言うか、詭弁ではないか!

地方選挙総選挙も選挙に変わりなく、民意の反映であることは疑いない。しかし日本の中心とはいえ、一地方である東京の選挙結果を持ってやれ内閣不信任だ、総辞職をしろだ、と騒ぐのも大げさだし、民主党は論理が一貫していない。

こんな政党に騙される日本人ではない。

我々は立ち上がり、真の保守政党と保守の代議士を議会送ろうではないか。



PageTop

鳩山由紀夫氏への決別状

さらば 鳩山由紀夫 さん

 あなたが発する言葉は意味不明である、何故そんな意味のない言葉を発するのか?

日本列島は日本人だけのものではない!」
友愛共生
生活が一番
「国民目線」
国策捜査
世襲廃止」

親の遺産で働いた事もなく、親の七光りで政界に出た人が、どうやって国民目線 を持つことが出来るのだろうか。
世襲で親の遺産と七光を持つあなたが他人に世襲廃止と言うのであれば、先ず己が政治家をやめるべきである。

今あなたには己の政治資金の関して色々な疑惑が噴出しているが、本人は納得できる説明をしないで逃げ回っている。金の出所、その運用、脱税の疑いと、単なる「間違っちゃいました」なんてレベルでない。お金の出所は外国でないと言い切れるのか?ロシアから貰ってるのでないかと疑うのは下種の勘ぐりだと公の場で一蹴してほしい。

私の生活が一番
 国の安全?、そんなものは放っておけ、ではないか。

あなたは狼と共生できますか? 
  赤頭巾ちゃんでさえ狼から逃げたのに、羊と狼は共生できるのですか?
誰を友とし愛するのですか? 
狼を友として愛せるあなたは素晴らしい! 
  でも狼が大嫌いな他人を巻き込まないでほしい。

日本人だけのものでない日本列島は誰のものですか?
 あなたの物は皆の物、私の物は私の物とする共産主義の考え方ではないか。

(国策)捜査を私にしないでね
  と言うあたりは己に降りかかる捜査に対しての予防線ではないか?

悪人は常に警察にそしてその捜査に怯える。あなたは地方参政権に反対する日本人は自信がないからだと言うが、あなたは自信がないから捜査が怖いのではないか。

あなたが掲げるスローガンは、己の利益や自己保身の為に発していると考えれば納得が行く。

PageTop

“日中友好”は終わった

日中友好”は終わった


日中友好」を声高に叫ぶ人が最近いなくなった。変わったもんだ。

今日“中国”で浮かぶのは、反日教育、毒餃子、不法滞在、凶悪犯罪、歴史認識、とマイナスのイメージばかりで、良いイメージが浮かんでこない。

60年前に成立した新生中華人民共和国のイメージがつい最近まで素晴らしかった事を考えると、変わったもんだ。
ハエ一匹いない・ゴミ一つ落ちてない清潔な国、人民公社でのユートピアな生活、乞食がいない国、文化大革命(これも当時は+のイメージであった)、きれいな原爆を開発した国、米国帝国主義と戦う人民の味方、大躍進、抗日戦争の英雄毛沢東、若き先進的な革命家紅衛兵、国交回復後は、今では迷信と判ってしまった毛生え薬の数々の漢方薬等などがあった。

それが今は中共政権が憎み唾棄した支那4千年の文化歴史を立てるしか観光客を呼び寄せる手立てがなくなり、投資は人民の低賃金だけで呼び寄せている。

いや、悪い人ばかりでなく良い人もいるよと反論して今だ友好を唱える人や、戦前の日本を悪者にして贖罪意識から友好を唱える人もいる事にはいる。

12億人もいるから中国人の中にも友好を唱える人がいるだろうが、今の中共政府は全くその反対で、核ミサイルを日本に向け、尖閣列島を侵略しようとし、東シナ海では天然ガスを盗掘し、毒餃子では自分の責任は棚に上げて日本の所為にし、教科書には一々文句をつける等のその所業は、友好とは己の利にある時のみ唱える外交手段であるとの解釈しているのが現実だ。それらの所業は日本語では説教強盗と言うが、彼らには当然の行いと考えているのであろう。

日本人が“日中友好”を言わなくなったから中国人も言わなくなったのか、それとも先方も言っても利がなくなったから言わなくなったのか。
似ているようでいて似てないのが日本と支那の文化だろう。人生観から死生観が全く正反対の文化だからこそ、興味はあるが相容れない事を知り、付かず離れず付き合うことを我々のご先祖様はして来たのだ。
一衣帯水も“日中友好”の言葉と同様浮いている今日この頃である。

日中他人”、所詮水と油、と知って付き合うことこそが本当の友好になると言うアイロニーこそ、正に智慧である。


変わったもんだ、そしてちょっとばかりうれしい。

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。