日本の再生に向けて

戦後教育の洗脳から脱却する為に、近現代史を学ぼう

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

千葉景子の最後っ屁その1

最後っ屁は未だ続く


 千葉景子全共闘内閣選挙落選法務大臣が、死刑執行の命令書にサインをして、やっと死刑執行をした。

 憲法にも刑法にも書かれた法務大臣としての責務を、就任後就任後一年近く経ってから執行した。責務を果たしたのは良しとするが、その中身は問題が多い。

問題1:死刑執行の判断は大臣がするものではない。裁判での判決で決まる。
    
    千葉大臣は、就任後も責務不履行を問われて、「色々私なりに検討した上での結論」の答えたが、法務大臣は手続き上   の執行者であり、死刑判決に口を挟めない。
   今後大臣が勝手に検討したら、日本は四審制になってしまう。法務大臣が勝手に検討すべきでない。

問題2:死刑執行の権限者‐法務大臣に民間人を起用すること
   
    菅総理大臣の任命責任と、臆面もなく続投を受けた千葉氏も、民間人が法の番人としての法務大臣になるべきでない。    ましてやこの千葉景子は7月の選挙で落選した議員である。落選したのは、推進している外国人参政権・夫婦別姓・人権   擁護法案にノーと言ったのだ。
   そんな人が権限者として居残る正当性は全くないはずだ。

問題3:死刑執行を自己保身の道具に使った

    選挙で落選(レッドカード)し、職務継続の正当性、職務の怠慢で国会で問責決議が出されようかとしている状況で、      これまで死刑執行をしていなかった法務大臣が、国会開会前に死刑を執行する、その死刑に立ち会う、そして記者会見で   死刑のあり方を考える、等と述べて、これまでの怠慢を糊塗する動きは、演技‐パフォーマンスと疑われるに十分である。    本人が否定しようが他人はそう考えるのだ。その答弁に、‘他人は他人、私は私’の身勝手が透けて見える。死刑囚を    ‘出し’に使って己の保身を図る、正に身勝手が具現化している図だ。



 死刑廃止を「信念」と掲げているが、そもそもそんな信念はないんだろう。
千葉大臣も弁護士であり、弁護士に多い死刑廃止論は、信念ではなく宣伝謳い文句であろう。光市母子殺人事件を担当した(いい加減な)弁護士も死刑廃止論者と知られているが、死刑囚を飯の種として、三審まで持って行き、再審まで行わせて弁護士料を稼ぐ為の、誇大広告宣伝文句なのではないか。

 死刑廃止論弁護士藁は、にも縋りたい死刑囚、無期懲役で生きたい死刑囚、そしての死刑囚の家族や親族を焚き付け、金を出させ、支援団体を作らせて弁護士費用を充当させるビジネスモデルとしているのはないか。

今の千葉景子大臣にとって、弁護士としての死刑囚と法務大臣としての死刑囚を秤に掛けた上で、死刑執行を取ったのであろう。
千葉景子62歳、国会議員4期24年間で退職金と年金、弁護士としてのこれからの収入を秤に掛けて、弁護士としての死刑廃止弁護士の看板をそっと下ろした。言い訳がましく死刑執行に立会い、今後も死刑に取り組む(何を?)とは、言ったが。

身勝手で己の保身しか考えない人が大臣でいる、それも法務大臣として。

人権擁護法案、外国人参政権、夫婦別姓など、他人の意見など聞く耳を持たず、やりたいことをやるだろう。

最後っ屁はまだ続く

スポンサーサイト

PageTop

全共闘内閣にもう一人闘士参加

全共闘闘士 福嶋浩彦 の入閣

福嶋浩彦写真


 知り合いからの情報をそのまま転載します。

 菅全共闘内閣が又又最後っ屁を出しました。民意無視のやりたい放題ですね。

ーーーーーーーーーーーーーーーーー
 7月23日付読売新聞朝刊二面に掲載された、「消費者庁長官福嶋浩彦氏、前千葉県我孫子市長」という記事は、なんでもないような人事ベタ記事ですが、福嶋浩彦という人物はトンデモない悪党です。
消費者庁長官福嶋浩彦氏、前千葉県我孫子市長

先ず読売新聞の記事です

ーーーーーーーーーーーーーーーーー
 政府は22日、消費者庁長官に前千葉県我孫子市長福嶋浩彦・中央学院大学社会システム研究所教授(53)を起用する方針を固めた。

 麻生政権末期の昨年9月に発足した同庁の初代長官には官僚OBの内田俊一・元内閣府次官が起用されたが、菅政権は消費者の視点に立った組織運営が必要だとして長官を民間人ポストとする方針を決め、人選を進めていた。
 福嶋氏は1995年に我孫子市長に初当選し、2007年まで3期12年務めた。改革派市長として知られ、鳩山政権が実施した事業仕分けの「仕分け人」に起用された。

 これに関連し、仙谷官房長官は22日の記者会見で、夏の中央省庁の幹部人事で、消費者庁長官と経済財政分析担当の内閣府官房審議官の2ポストに民間人を起用すると発表した。文化庁長官と外務省広報文化交流部長、財務省関税局長と経済産業省貿易経済協力局長の間など9件18ポストで交流人事を新たに実施する方針も明らかにした。

 政府は中央省庁の幹部人事を内閣官房に一元化する「内閣人事局」新設が柱の国家公務員法等改正案を先の通常国会に提出したが、廃案となった。このため、菅首相が法改正を伴わない範囲で民間人登用や交流人事などを先行的に実施するよう閣僚に指示していた。


(2010年7月23日03時13分 読売新聞)

(注:福嶋浩彦氏は、つくば大中退と言われているが、それは間違いで、正確には無期停学処分後に除籍。)
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 福嶋浩彦氏は我孫子市長時代に取り組んだ中で主要な3つのことを取り上げれば、
  ①最高規範性を盛り込んだ千葉県内初の自治基本条例案は、市議会と市民の大反対で否決された。

  ②外国人を含む5人の市民が提案すれば市役所が条例づくりを支援するというトンデモナイ”市民提案条例支援要綱”を
    独断で制定。そのことが発覚して直後に、市民の請願により廃棄させられた。

  ③福嶋浩彦が鳴り物入りで導入した提案型市民公共サービス民営化制度により実現成功した事例は皆無に近い。

など、ユートピア思想で市政を改革しようとした。空想主義の福嶋浩彦を我孫子市長から追放して、我孫子市民は今晴れ晴れした気持ちになっているが、あろうことか、その福嶋浩彦が菅内閣で、消費者庁長官に着くなんてことを知って、大驚愕しています。
 
 福嶋浩彦氏は、つくば大学に昭和50年入学し、学生時代から中核派に所属し、全学ストを指揮したことで、大学側から無期停学処分にされ、昭和56年に除籍になっている。

 その後、社会新報の記者を経て、昭和58年に我孫子市議に当選している。その当時のことを知っている我孫子市民の中には、「福島浩彦はつくば大中退と名乗っていた。経歴詐称ではなかったか?」と言う人たちが多くいます。
当時の選挙公報に「福嶋浩彦が経歴をどのように記載していたか、情報公開請求してほしい」と、選挙管理委員会に申し立てたが、当該資料は残っていないので公開できないと却下されたことがあった。

 現在の福嶋浩彦氏はそういった経歴詐称まがい行為の後に、出来上がった人物である。民主党政権になって、中核派、改マル派、共産同に所属していた議員たち(仙石由人、枝野幸男、千葉景子ら)が大臣や党幹部になっているから、中核派に属していた福嶋浩彦が消費者庁長官になることを驚く方が普通ではないのかな!?日本がこのままどんどん悪くなっていくことが恐ろしい。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 中核派に属した人、大人になっても問題あり、我孫子市長時代の業績にも問題あり、そして今大臣になって何をやらかすのやら。

PageTop

こりゃ もう アカン、 七夕流れ星内閣

仙石写真


 菅内閣は「いかん」ともし難く、いよいよ「あかん」状態になって来た。みながその本質を分かって来たのだ。

 前の稿で、菅内閣を、「社会党的」「独裁志向」「反日」と断定した。最近分かったので訂正する。
それは「社会党的」なんて生易しいものでなく、「全共闘」である。
アナーキーと世界革命の妄想に取り付かれた集団であり、それは狂信的カルト集団がある日突然内部分裂を起こして消えるように、社会の破壊を目指し自己破壊を起こす集団である。全共闘の墓場は浅間山荘であり、集団リンチをして自己壊滅した浅間山である。

 その全共闘がゾンビのように生き返って日本の政権の中枢にいるのだ。菅直人は東工大で、成田で火炎瓶を投げていたと言われる千葉景子、仙石は東大安田講堂に入ったと言われる。

 内閣を牛耳っているのは菅総理ではなく仙石官房長官らしい。全共闘で弁護士で東大卒の歴戦の闘士と市民派では全共闘世界でも格が遥かに違う。だから仙石は千葉景子の残留を菅に承服させたのだ。
菅内閣の呼び名を考えよう。

奇兵隊内閣菅直人自身の命名だがは、高杉晋作ほどの理念ありや?

史上最速人気降下内閣:マスコミが呼び始めたが、確実に実現しそうである

全共闘内閣:伝統破壊、共産主義万歳の内閣とも言える

ゾンビ内閣:死人生き返り内閣で、死んだ全共闘から生き返り、落選しても生き返る人達である。
       日本をゾンビのいる様な地獄世界に作り替えようとしている点でも的を得ている。

逃げ菅内閣:奇兵戦法とは逃げるに如かずとの戦略があるや?
      只訳も分からず逃げ回っている腰抜けではないか。

最後っ屁内閣:全共闘内閣が政権を握るのは空前絶後であり、最初にして最後であろう。
       彼らはそれを知っているから、最後っ屁をやらかすだろう。

イタチ内閣:退散退陣する時に最後っ屁。

いずれにしても良い呼び名はない。それでは少し可愛そうなので、どうだろうか、七夕を挟んで誕生し消える
七夕流れ星内閣では如何か。せめてこの位の武士の情けはやろう。

PageTop

菅(民主党代表)の最後っ屁

最後っ屁は何か?

落選議員の顔 千葉景子前参議院議員


 民主党もいよいよ詰まって来た感がする。
鳩山、小沢、前原、二度目の菅、と来て、若手の枝野を幹事長にしても所詮付け刃であった。

 政権をとってからは民主党の体質が一段と顕著になった。野党の時代は隠してきたが、隠さなくなったし、隠せなくなってきたのだ。
その本質とは、社会党であり、民意無視の独裁志向であり、そして反日である。その象徴とも言える千葉景子は落選となり葬られた、と思ったらゾンビのように生き返って、法務大臣を続けている。民意無視である。

 朝日などのマスコミは千葉の敗退を奇妙な論理で取り繕っている。
いわく、党の応援がなかった、民主2人擁立で千葉の票が新人に流れた、などと。
外国人地方参政権や偽人権法案を推進していた千葉景子とは一言も言わない。本当の事を言わないののがわかる。

 朝日新聞よ、そしてそれに追従する朝日型偽知識人よ、君たちの詭弁はとっくに見破られているのだよ。電車の中で、職場の中で、飲み屋で物知り顔にインテリ風にお喋りする君、君の頭の中は洗脳されたお花畑だと見破られているよ。それも知らないでお話しする君、反論されて黙ってしまう君、君は裸の馬鹿者だ。

でも我々は勝利の美酒を飲むのは早すぎる。振り返ろう、これと同じ状況があって、何が起こったか。
そうである、あの村山富市が何をしたか。彼の最後っ屁は臭くそして未だにその悪臭が残っていることを。

菅総理は何をやるだろうか。

慰安婦賠償、韓国への個人補償、北朝鮮との国交回復ー多額の戦時賠償、支那への(不要な)謝罪、三悪法案の衆議院可決、などをやるのではないか。

千葉を続投させその準備は着々としていると考えられないか。
これまではマニフェストに載せず、こそこそやってきた。産経新聞はそれをステルス戦法と読んだ。

もう千葉景子には失うものは何もない。人前で堂々と最後の最後っ屁をやらかすのではないか。
すべて千葉にやらせ、千葉は全部被って去る、そんなシナリオだろう。
千葉の最後っ屁と菅の最後っ屁、それは村山と河野洋平に勝るとも劣らぬ程に、臭く、何時までも残るであろう。

我々は準備しよう、屁を出させないように、屁が出てしまった撒く脱臭剤を準備しよう。そして一番の対策は、元から断つことだ。一刻も早くポストから外す事だ。努々油断してはいけない。まだ闘いは続く。

頑張ろう!

打倒 千葉景子

打倒 菅直人

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。