日本の再生に向けて

戦後教育の洗脳から脱却する為に、近現代史を学ぼう

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

何時まで中共に「みかじめ料」を払うんだ。反日暴徒デモの暴徒の親分は中共政府だ!

 中共やくざだ! 暴力団だ! 付き合うな!


 16日(土)の中共への抗議デモに対して、反日のデモが支那大陸で起きていることが報道されている。
日本のメデイアも一生懸命、この暴徒と中共政府を対立軸と尤もらしく報道している。曰く「学生デモ」「反胡錦涛派が仕掛けた内部権力争い」、「ガス抜き」等と。中共外務省に至っては、「デモの心情は理解できるが、整然と行うべきである」とえらそうに訓を垂れた。

 これをマッチポンプと言う。ヤラセだ。それも三文芝居の。支那にはデモをする権利もない。自然発生的なデモなど支那人はしない。儲からないとしないのだ。

 何の為にこんなヤラセをするのか?

 中共は、「日本が変な事ーデモやビデオ公開をすると日系企業に被害が及びますよ、守ってやれるのは政府ですよ、だから日本側も変な事-反中デモをするな」と、脅している積もりなのだ。
これはやくざが「みかじめ料」を取る手口だ。先にチンピラに暴れさせてから、他人の顔をして乗り込んで金を取るやくざの手口と同じだ。中共を「中共組」と暴力団と考えれば納得できる。
だから支那での暴徒デモで我々が引いたら、それは暴力団に屈する事になり、彼らを増長させるだけだ。これから何度でも反中共でもをやろうではないか。中共は嫌だからヤラセで対抗するのだ。

 日本はみかじめ料を払ったもんだから、これまでずっとふんだくられた、曰く「日中友好」「ODA無償援助」だ。これまで何兆円と払い、他に技術などをただで教えた。
だからこうして尖閣まで厚かましくも自分の領土だ迄に増長させたのだ。

「一度脅迫に屈したら、死ぬまでしゃぶりつくす」のは古今東西やくざの手口であり、「盗賊(だけは)先進国」の支那には、日本にない「たかり」の技術が沢山ありそれに騙されてきた。

 この中共組の尖閣侵略を切っ掛けに、その暴力団との付き合いをやめるのにいい機会である。止めようでないか。
自民党の二階元通産大臣等はどうした。故中川氏が行った中共のガス盗掘の対抗措置を止めた売国者だ。打ち首の罪に値する。切腹などはもっての外だ。

中共に対しては、今後このような対応で行こうではないか:
 暴力団「中共組」を指定暴力団に認定する
 -中共組には金銭・技術等一切提供する事を禁止する
 -「日中友好」の付き合いは一切禁止する
 -中共組の兵器に対抗するために日本は核兵器を所有して武装する
 -中共組に属する支那人には日本国籍取得を禁止する。そして帰国させる。
 -中共組の販売品(中共製品)は買わない
 -留学生と称する支那人組員を日本に入れない
 -今日本にいる支那人組員を即刻帰国させる。ビザ延長はしない。その為に絶対に雇用しない


これが日本の当面の政策課題である。

スポンサーサイト

PageTop

菅内閣打倒に今立ち上がろう!!!

菅内閣打倒!!!

 愛国演技」に騙されないぞ


 菅内閣の急速な支持率低下は覆いがたい。

 その内閣は、上がったり下がったりするジェットコースター内閣ではない。下がりっぱなしで日本と国民を地獄に連れて行こうとする「自殺道連内閣」だ。

 菅内閣は、勝手に「先祖が、仲間が、悪い事をしてすいません」と言って我々を代表しているかのように謝罪する絶望型自殺願望者だ。勝手に自分で自殺すれば良いのに、人の懐を使って謝罪し、弁償しようとするから困る。

でも見識ある我々国民はおかしいと気づき始めた。内閣支持率者急速がその表れだ。
で、彼らも小賢しく馬鹿ではない。この自殺道連内閣はまずいと思ったのだろう、国を守る演技をして支持率回復を目論んでいる。この演技を「愛国演技」(ナショナリスト パフォーマンス」と呼ぶ。
小賢しく、小人策に溺れる見本である。

 この愛国演技の切っ掛けは勿論中国の「尖閣侵略」である。「日中友好」や「国連平和」信仰が、崩れた瞬間であった。
日本国中がその侵略に怒り、その脅しに驚き、菅内閣の無策・亡国・国権放棄に落胆して、民主党政権を選択した過ちを悔いた。
こうまでなっては、菅内閣も愛国の振りをしなければ政権は持たなくなった。アメリカとの同盟強化、レアーメタルの確保等を打ち出した。
でも所詮演技であって実行するつもりがないのを我々は知っている。それは彼らの言動を見れば当然の結論になる。

 愛国演技は共産党までもがやっている。日共は「尖閣領有は正当」と赤旗第一面で打った。「へェー中共のお友達の日共までもか」と、記事をよく読んでみたら、何のことはない最後は「話し合いで平和的に解決する事が何よりも重要」と締めくった。
中共が国を挙げて領有を主張しているのに「話し合い」とは、演技が透けて見える。日本国民が国連平和主義や日中友好の欺瞞性に気づくのを恐れてであろう、頭ー見出しは愛国を出すが中身は己の政策の現状維持を図る、演技である。これを羊頭狗肉と言わずして何であろう。

まだ日共の演技はさすが長年鍛えた甲斐があって板についているが、菅君、仙石君のは、「化けの皮が剥れてケロイド状になった面を一生懸命隠して強がって平静を見せている」ように、見える。本人は化けの皮が剥れているのを知らないようだ。

 人間は元々弱いのは認めるが、彼らは元々臆病だから共産主義や社会主義だとほざいて現実から逃避した幻想の世界に生きていた。
それが尖閣侵略と言う現実を突きつけられて、幻想の世界から急に引き戻されて狼狽し、どんな屑の藁にでも取り縋った。その臆病者が今の日本の指導者だ。そんなへっぴり腰、弱腰、を「柳腰」と強弁する姿を滑稽と笑って済まされない。
我々日本の将来が掛かっている。

 我々は今何をなすべきか。
次の総選挙を待つのでなく、菅内閣を打倒すること、その為に街頭に出て、菅内閣打倒を叫ぶ事だ。一人でも多くの同調者を得るように。
今この時間に、家事をしている人、赤ん坊・子供の世話をしている人、父母兄弟の世話をしている人勤めている人、夜働いて寝ているいる人、海外で働いている人、海外に出張に行く人等は街頭に出られない人も応援をする事が出来る。

 時間を出す人、お金を出す人、応援する人、とそれぞれが出来る事で協力すれば菅内閣は倒せる。

尖閣侵略で味わった「怒り」・「驚き」・「落胆」・「悔い」を消さずに現実の力に換えようではないか。

PageTop

柳腰? お前は'おかま’か!

男が柳腰

仙石さんよ、お前は中国の「おかま(ホモ)」か? 

男が腰で‘しな’を作ったら、その男は「おかま」だ!

 君 忘国すること勿れ




 日本の官房長官がその弱腰外交を批判されて、あろうことか弱腰ではない、「柳腰」だ、と反論した。

外見上の弱腰をしぶしぶ認めた上で、それは「女性ほど強いものはない。柳はどんなに強風が吹いても、ゆらゆら揺れながらしなやかに対応している。」と言い繕ったが、ゆらゆらゆれる柳の葉はススキのような草でなく大木だ。柳の木の高いところには鳥が止まって休んでいる程だ。仙石さんに柳ほどの大木ーしっかりした信念があるようには見えない。

 彼は柳の木の葉っぱだけを見て、「しなやかに対応している」、と言っているようだが、柳の木は、葉っぱはゆらゆらゆれながらも葉っぱを守って、柳の木は台風にも嵐にもしなやかに対応している。
この日本語から判るように、仙石さんあなたには「主語」がないのだ。
この場合だと柳の葉っぱは木の一部でありしなやかに対応しているのは葉っぱでなく木である。彼の言葉は、葉っぱに隠れてあるのかないのかわからない己の信念を曖昧にした言辞だ。

 海上保安庁の船に体当たりした中国船の船長を、逮捕してのも釈放したのも「検察がやったこと」、「中国は余り変えあっていなかった」、「「日中友好だ」、「戦略的互恵関係だ」と我々には訳のわからない言葉を連発したあなたは、正に柳の葉っぱのようにゆれっぱなしあった。
しかし、あんたは内閣官房長官で柳の木でなければならない。主語は「仙石」でも「私」でなく、「日本」であり、如何に日本がしなやかに対応しなければならないのだ。
日本はどう対応すべきか、日本の国益は、今後の日本の対応はどうあるべきか、中国の意図はなんだろうか、の「日本」を主語に置いた対応をしたのか?ゆれた言葉の裏をどう探っても見えるのは揺れた葉っぱしかない。 

 彼の対応を喩えて言えば、弱腰、逃げ腰、へっぴり腰、そして柳腰=おかま腰しかない。力も腹も胆力もない男(弱腰男)が、へっぴり腰で逃げ回って、最後は言うに事欠いて、柳腰とのたまって強盗だろうが泥棒だろうが何でも良いからと「侵略者」に抱きついた「おかま」にしか、あなたは見えない。
あなたは弁護士として言葉を操って言い包めるのを得意としているようだが、もう底は見えたよ、柳腰で支那に'しな’を作って「おかま」を目指す人とは、あなたの事だ。

 あなたは、韓国併合100年で理由も根拠もないのに謝罪し、今回は国を忘れた。侮日忘国亡国)し、次は何をやらかすことやら。

君 売国すること勿れ

PageTop

民主党のやること 情報隠し

 民主党が政権を取って真っ先にやったのは、法制局長官の国会出席を止め、官僚の記者会見を禁止した事だ。
そして今は新たな国会改革法を通して、内閣法制局長官と完了の答弁を禁止しようとしている。それを「政治主導」と称している。

 その「政治主導」が中国漁船の体当たり事件で化けの皮が剥れて正体が明らかになり、政治責任の放棄、中国(他国)ヨイショ、情報隠し(国民に知らせない)である事が明らかになった。

 そんな情報隠しは日常で起きている例を紹介したい。
それは文科省の白書にこれまで掲示していた学校教員の精神疾患による長期休職者数と教員の懲戒免職等の処罰者数である。

 どちらも私の知る限り過去10年以上掲載されていたが、今年6月に発行された平成21年度版には、抜けているのだ。
たかが2つの数字とお思いの方もいるだろうが、この2つの数字は現在学校で起きている事が何なのかを示す大事な数字である。
学校での暴行事件の発生数が毎年増えている事でわかる。ここ10年間で小学校で4.3倍、中学行で1.6倍、高校で1.7倍とすさまじい。特に小学校の4.3倍は異常である。生徒数の減少がそれぞれ94%、85%、79%であるから、実質は、小学校で4.5倍、中学で1.9倍、高校で2.1となる。
そして先生精神疾患による休職者数であるが、これは年間30日以上精神的な理由で休職した公立の小中高校の先生の数で人で、ここ10年で3倍以上になっている。過去10年の平均伸び率が13%とはびっくりである。

 21年度白書では学校内の暴力については「学校内での暴力行為の件数は18 年度から20 年度の間に小学校で1.7 倍,中学校で1.4 倍に増えました。」と他人事のようにさらりと書いて、脚注として「暴力行為の発生件数については,増加傾向にあるが,平成18 ~ 20 年度の増加については,平成18 年度調査以降,被害届や診断書の有無,事案の軽重にかかわらず,暴力行為をすべて計上するよう周知徹底していることも影響していると考えられる。」と、逃げてしまった。

 先生精神疾患については、それまでに先生を支援する必要性を述べた後「また,精神疾患による教員の病気休職者は年々増加し,平成20 年度では5,400 人(病気休職者数全体の63.0%)に達しています。」とこれもさらりと述べたが、21年度の白書に21年度の数字を出さなかった。相当悪い数字が出ているのではないだろうか。
6000人近い精神疾患ということは、その数倍の先生が潜在的な精神疾患を抱えているのではないだろうか。事は深刻だ。
 
 民主党は実態を隠すもう一つが、交通事故や猥褻行為などで懲戒を受けた教職員の数である。こちらは数字だけでなく記述そのものも全くなくした。毎年4千人程が処分されて実態そのものを隠した。
我々の気が付かないところで政治主導が発揮され、隠している。
我々のあずかり知らない所で、行っているのだろう。

PageTop

中国に駐在する日本人よ

日本人よ中国にいる危険を知れ

 今会社から中国の長期駐在を命じられたら、迷うだろうが家族がいたら他に人に代わってもらえるようにお願いするであろう。
中国の危険(チャイナリスク)はこれまでも色々有った。食べ物、空気、水と、口に入れるもの全てが危険だ。、そして反日感情に加えての日常生活での治安そのものも悪い。泥棒、窃盗、騙しなど等。
裁判所も信用できないのだから、外国人が訴訟に持ち込むも危険だ。反日感情があるから逆に賠償支払い判決が出される危険だってある。
ここまでは、日中国交回復以来にあった危険だが、これからは新たな危険が出てきた。政治リスクである。藤田社員の拘束がそれ例であった。
日本のマスコミや菅政権は、中国漁船の体当たりを単なる単なる海上交通事故にしようと一生懸命だが、事はそんな突発性の事故ではない。
中国尖閣を侵略奪取するための小手調べをしたと解釈するのが、極々真っ当な人の理解である。

中国は上海万博が終わる11月から尖閣を占領するための軍事行動を開始し、日本と台湾の間に楔を打ち込み、台湾を味方に付けて中国台湾の合同の形にするだろう。

日本と中国は戦争状態に入った。中国にいることは人質になる可能性が高い。
駐在員になるならその覚悟が必要だ。

いつまで続くか? 日本本土が中国に侵略されるか、中共政権が倒れるまでだ。
日本と中国はデスマッチの戦いが始まったのだ。

衝突が起きた9月7日は、「中共が日本解放を開始した日」となるか、「日本が中共の侵略阻止に立ち上がった日」
のいずれが歴史に刻まれるか。9月7日は歴史上の分水嶺になるであろう。

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。