日本の再生に向けて

戦後教育の洗脳から脱却する為に、近現代史を学ぼう

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

次の騙しをどうしようか

騙しの手口を見破られてしまった」

「次の騙しを考えよう」

日本の破壊を目論む勢力は、今次の手口を研究している。


 民主党は当然であるが外交で躓いた。票にならない外交、元々無い外交方針、売国で不要となる外交、だからこそ、マニフェストには書かなかった。しかし普天間、尖閣、北方領土と全て外交問題であり、売国の根性が炙り出されて、民主党菅内閣は沈没した。

多言を要すまでも無く、民主党とは社会党が看板を替えた党であり、その体質は、反政府、売国、夢想、評論家である。現実を突きつけられては右往左往し逃げるしか策はない。逃げ菅、柳腰たる所以である。

今旧日本社会党民主党の裏に隠れたワルは、騙しの手口が見破られた事を悟り、鳩山、菅、仙石が御用済みになった事を悟り、次の騙しを考えているであろう。
民主党は残すであろう、社会党社民党として残した様に。

 我々は2つ騙された。「旧社会党社民党に引き継がれた」、「民主党は新しい政党である」とする宣伝に。
正しくは、「社会党は民主党と看板は変えたが中身は変えなかった」、「民主党は旧社会党の体質を持つ古いカビの生えた政党である」と定義するべきであった。

 人は騙されたと不平を言うが、騙された我々が悪い、騙しの手口を見破ろう、と次の事を考えようではないか。
日本破壊を企むワルは今次の騙しを考えているに違いない。
社会党は戦争と反対のう「平和が一番」を唱え、民主党は「国民の生活が一番」を唱えて騙した。

 「共生を唱える寄生者」、「口で友好 手にピストル」、「平和を唱える侵略者」「狼に戸を開ける平和主義者」で、共生友好平和が日本破壊の工作の為であったことが今明らかになった。

 次はどんな言葉であろうか。

スポンサーサイト

PageTop

だめだ ヤッパリ!

民意は如何に

 民主党よ国民に再び意向を問え

やはりと言うべきか、予想通りというか、期待通りに、APECで菅ペッ内閣の特徴を遺憾なく発揮した。
本人たちは自画自賛しているが、公平に見て、「○○(動物の名前)丸出し」「醜態を」遺憾なく晒した、と言える。

我々国民が醜態を晒させて仕舞った、と大いに反省したい。

あっちにペコペコこっちにペコペコ、ペロペロと嘗められっ放し、うすぺっらな笑顔と言葉。
観ていた国民は呆れて己の不徳に恥じ入ったと思う。

正直なところ舞台で演じている人たちはまともでない、正気ではないと感じた。

そして問題は今舞台に白旗を挙げる人がいないことだ。小沢期待論があるが、煎じ詰めれば小沢しかいないと言う事は、民主党は政権運営を出来ないことだ。
我々は内閣だけに退場の刃を向けてない。民主党そのものに退場の刃を向けている。

渡部恒三氏よ、あなたの出番ではないか。
潔く菅に引導を渡し総選挙で国民に選択させることが一番の国益ではないか。
出でよ民主党の長老よ。党への国民からの信託は全くなくなった。

PageTop

中共は今次の手を考えている

支那中国問題の本質
支那中国中共国民人民の差は。

 今の支那大陸の問題は偏に中共が撒いた種である。

 中共に操られた中国人民が、反日と侮日と侵略を行っている。
そもそも中華人民共和国(これを'中国’としよう)なる'国家’は存在しないと考えれば、現実を理解できる。
中国」にあるのは、中共の私法と私兵とで治める軍閥が便宜上国のカッコをしているのに過ぎないのだ。

 狼が赤頭巾を被る様に、国家の赤頭巾を被っているだけなのだ。では狼の正体は何かというと、それは侵略者である。
支那大陸に是まであった王朝のうちの今の形が中共王朝で、それは支那の歴史の一こまである。
支那の歴史は王朝の簒奪の歴史である。
でも中共はその中でも侵略を糧とする特異な王朝だ。何故侵略をするのか?それは狼に何故羊を襲うのかと聞くような馬鹿げた質問だ。その出自を問えば答えは一発だ。ここでは是まででにして、本題に戻る。

 その国民が存在しない中共は、三権分立と法治がなく、人は国民としての権利を与えられてない近代国家の体裁もない。
法治の無いところに人権はなく、参政権も無い。参政権と言うと投票権とすりかえる人がいるが、投票権だけでなく、政治家になれる自由、政治に意見の言う自由も含まれるのであり、今の中共王朝には、報道の自由が無い。
そこに居るのは単なる盲の民(人民)で、国に関わる民(国民)ではない。

現在の尖閣問題は、中共がその侵略の正体を現して、支配する人民を使って領海侵犯をした構図である。
非難する相手は、中国の後ろで糸を引いている中国でもなく、中国人民でもなく、中共なのだ。

支那と、中国、中共王朝、歴代王朝、国民との差がはっきりする。

 今日本に居る中国人民は、今回の尖閣侵略事件で中共の本質を理解した。
海上保安庁の義士がビデオを出たことで、それ以前は中共と同じであったと理解し、日本の政治が中共と違うことに気づいたと思う。自分たちが人民で、日本人は国民で国と国益を賭けて闘える事を。中国では国家転覆罪で死刑か長期牢獄であることを。

 今回の尖閣侵略事件は、中共にとっては手痛いしっぺ返しを受けた。この侵略者は猫を被っては当分おとなしくするだろう。
だが我々は中共は日中友好を勝手に利用し、40年近くも日本から援助を受けながら、虎視眈々と侵略の機会を伺っていた中共は、ことを努々忘れてはならない。

 日米離間、沖縄の反日化、中国人の移植、移植した中国人の公民権増大等など、また10年かけて次の手の為の土台つくりを始めるだろう。
40年に作った田中角栄ラインは小沢を持って終わるだろう。外務省チャイナスクールも加藤紘一で終わりそうだ。メデイア工作も日本人にはわかってしまった。もう少し自民党が持ってくれれば、と中共は悔やんでいるだろう。鳩山と菅などは元々眼中にないから、あの仙石のような振る舞いに出ただけなのだ。それを羽ふぉ^万スト

我々は過去の中共の手を判ったが、侵略者のこれからの手は何かを研究しなければならない。
狼には決して餌をやったり手を差し伸べたり、握手を求めてはいけない。それは狼に襲っても良いですよと誘惑しているのだ。個人で勝手にやるのは構わないが、国家としては決してやってはいけない禁じ手だ。

菅ペッ内閣よ、横浜では胡錦涛には:
 ・揉み手をして会って下さいなんて物欲しげの顔をしないこと

 ・擦り寄らない事

 ・にやけた顔をしないこと(菅さんには笑顔が本当に似合わないね。麻生さんは良かった!)
  あんたがにやけると、「ある種」の人が示す卑屈なそして下心(したごころ)が透けて見える顔を思い出す。

 ・会ってもうれしさを出さないこと、子供じゃないんだから。飴玉一つ貰ったぐらいでにやけるな!

  
駄目かもしれないがこの人が今このAPEC会議の時の日本国を代表する首相なんです、

  一縷の望みを持って、切に切に祈ります。

PageTop

菅ペッ内閣と呼ぼう、'ペッ’と気持ちを込めて

ペッ内閣

内閣をどう名付けたら体を表すか皆さんそれぞれ工夫をしている。
この内閣を一言で知りたい表れだ。

自称、他称色々出ているが、それらを挙げてみると:

 自称
  ・奇兵隊内閣(竜馬ブームにあやかった命名。奇策もゲリラ戦法も無くあるのは革命的日本破壊政策)
  ・有言実行内閣(当初の意気込みは何処へ?今は虚言無実行?)

 当初はお手並み拝見であったが、最近は否定的なのが多い:
 他称
  ・ジェットコースター内閣(未だジェットコースターは軌道上を走っているのだが、、、)
  ・空き内閣(中身空っぽの空き缶とは!)
  ・仙内閣(主が千石官房長官と言うことか、柳腰でなく‘戦艦’位に雄雄しくなって欲しいと思うのは夢か?)
  ・全共闘内閣(内ゲバで終わりそうですね、でもその前に破壊しまくるでしょう)

  肯定的他称が少ないので、すこし前向きにこんなもんでどうだろうか:
・他国尊重内閣(謝罪を求める国あれば行って謝り、領海を侵犯する人あれば丁重に釈放する寛大さ)
・お大尽内閣(子供手当て支給、高速道路無料化、朝鮮学校援助等など。でも原資は自民党の預金?)

 でも少し皮肉っぽくなってしまう。

 こんなものはもっと体を表していないだろうか:
  ・ペコペコ内閣
   朝鮮併合100年で韓国に理由も無く謝り、支那には侵略されても敬称を使う低姿勢内閣、柳腰のペコちゃん人形だ

                ・ペロペロ内閣
   兎に角舐められっ放し。国民は気味悪くて見たくもないが、支那、ロシアは変態なのかと思うほど舐めて来る

                                ・最後っペ内閣
   落選千葉前法務大臣の最後っペは臭かった。偽人権擁護法案、夫婦別姓、死刑囚まで利用。地獄でいじめられそう

                 ・ペテン師内閣
   マニフェスト、消費税、朝鮮学校援助、領海侵犯ビデオ、朝鮮謝罪、普天間移設、、、細かい点は数知れず、
   息を吐くように嘘をつく内閣ですね。

  ・薄ッペラ内閣
   紙-マニフェストよりも薄く、国民への人情はさらに薄く、薄さはナノ単位のハイテクです

 こうして‘もうあ’と就任半年も経たずに国民からは見放されて、唾棄するが如くペッとされる内閣に成り果てた。

 朝鮮・支那・ロシアにペコペコした上に、領土ではペロペロ舐められまくれ、最後っペ落選前法務大臣を今も重用して国家解体に繋がる法案作りに勤(いそ)しみ、マニフェストに始まる嘘を今も吐き続ける薄ッペラ・ペテン師内閣は、辞めてもらいたい。
そう‘ペッともしたい我々の気持ちが入ってペッ内閣’と呼ぶのが一番その体を表す。

これは菅内閣への非難の言葉ではない。そんな事は無駄であることは百も承知だ。蛙の面にションベンだ。

真に情けないが是が現実だと己に聞かせる為に言うのだ。現実から逃げることなく、反省を込め、今後の戒めとして苦々しく叫ぼうではないか、
           ‘菅ペッ内閣’

                                 と。

この国難を救えるのは、我々自身だ。己を恃み、そして神の加護を祈ろう。

PageTop

再々senngoku38の「38」の意味について

「38」をサンパーと読んだ西村眞悟元衆議院議員

昨日は日比谷野外音楽堂で行われた「自由と人権 アジア連帯集会」は、面白かった。
4000人以上が集まり大集会であったし、参加した顔ぶれに赤ん坊・子供連れ、女性、団塊世代と思しき人などが加わった、10月2日と16日の集会とはまた違った雰囲気であった。

 登壇した西村眞悟氏が、「せんごくさんぱー」と、sengoku38を呼んだ。
氏は判って言ったのか、或いは「仙石さん、ぱー」と言ったのか訊いてみたかったが、人波で同氏には近づくことも出来なかった。

でも、おちょくっている相手を「さん」とは呼ばないだろうから、お馬鹿さんの意味をわかって言ったのだろうと思う。

PageTop

再びsenngoku38の「38」の意味について

(再び)senngoku3838」の意味について

 「38」の意味についてネットで随分と議論がある。

 ・サラバ(仙石よ、さようなら)
 
 ・左派(仙石 左派 官房長官?)
 
 ・台湾や中国南部での侮蔑の言葉だ

 台湾での侮蔑の言葉だ、は合っているだろう。中国南部は? 以前福建省からの就学生(正確に言うと、'不法出稼ぎ’に訊いたが、余り反応はなかった。そんな言葉をどこかで聴いたかな?という反応だった。

サラバはちょっと苦しいし、「左派」はそうかもしれないが、それで?で言わんとする事が不明だ。

 繰り返すが侮蔑の意味を日本語で置き換えると、「馬鹿だね~、本当に」とか、「アホやね~」だろう。鳩山前首相が言われたルーピー(お馬鹿チャン)に近い。国連で英語でしゃべった鳩山元迷総理を英語で言うところが味噌であり、この仙石を支那語で名づけたところにこの面白さがある。

台湾、支那人に、日本人は仙石官房長官を馬鹿にしているよ、と言いたいことが一言で伝わるからだ。
また映像の公開は、仙石‐政府ではないよ、とも言っている。
映像提供者は、なかなかしゃれている、と改めて感心する。

PageTop

仙石に付けた’38’の意味

SENGOKU‘38’の意味

 中国偽装漁船が海上保安庁の船に体当たりした時の映像がユーチュウブにアップされた。そのビデオの投稿者名は「sengoku38」とのことだ。これは「仙石38」の意味であろう。

中国語の俗語を知っている人なら、この38に意味はすぐ判る。
38中国語で「サンパー」と呼び、「阿呆」(軽い馬鹿)という意味だ。

 この投稿者はなかなかしゃれが判る人だ。その勇気とこのユーモアに敬意を表したい。いずれその人は判明し、仙石によって仮令懲戒免職となっても、協力して支えたい。彼は勇者だ。

 仙石のアホさかげんに怒り、呆れ、そして自浄見込みなしと見限ってビデオをユーチュウブに上げて、我々に真実を提供してくれたのだろう。仙石は得意の‘有耶無耶’にしたかったのだろうが。

阿呆」と敢えて支那語で言ったところに、媚中に染まった人に対しての、反骨精神を見せた。
言われた本人はわかっているのだろうか。かえるの面だから駄目かな?


PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。