日本の再生に向けて

戦後教育の洗脳から脱却する為に、近現代史を学ぼう

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

「何をやりたいかわからない」????そんなんではあなたは評論家失格!

 菅総理の支持率はとうとう20台前半まで落ちた。
本人は馬齢を重ねるが支持率はそれに反比例してどんどん下がり今は20台、いずれ10台、そして本人が言うように「1」まで下がるようだ。どんどん若くなって最後には赤ん坊になる若返り内閣」と名付けるのはどうだろう。
以前はペコペコ、最後っ屁のから「ペッ内閣」と言ったが、これも良いだろう(と自画自賛)。

菅内閣を応援した人達は最近変なことを言い出した。
曰く「菅総理の指導がたりない」とか「何をやりたいのか見えない」とか。
これは批判でなく激励で、もっとやりたい事をやりなさいと応援しているのだ。

これも菅内閣の間接的な最後っ屁だ。
菅内閣最後っ屁は続く、延々と。

 菅総理のやりたい事は、「沖縄から米軍を追い出すこと」とか、「外国人参政権法案を通すこと」「人権擁護法案を通すこと」であり、これらの売国法案を通してほしいと言う悲鳴が、「何をやりたいのか見えない」と言う言辞を使ってやらせようとする売国勢力の常套手段である。

菅直人やりたいことを知っているからこそ、この売国者たちは白紙手形を与えるこのような修辞を使う。

 何故なら彼とこの内閣がやりたいことは、その発足直後の「韓国併合へのお詫び」と「朝鮮王室儀軌のお引渡し」で、一目瞭然である。
彼のやりたいことは歴史に残る「菅談話」であり、それを国連で「菅ドクトリン」なんて馬鹿げた事を言ったが相手にされず、この韓国でも評判は今一なので、何か大向こう受けのする事をしたくてウズウズしているのが、この大人物願望の内閣総理大臣なのだ。

 しかし愛国勢力には手口がばれ、一般の国民にも感ずかれて、「やりたいことがやれない」状態なのだ。この総理は普天間や尖閣などの「やれなければならないことはやらない」内閣だから、菅直人自身にも相当フラストレーションが溜まっているだろう。「イラ菅」の面目躍如なのが目に浮かぶ。周りの人もヘキヘキしているのではないだろうか。
あの夢「かいわれ大臣」をもう一度夢と見ているのが今の我々のリーダーだ。

 これからも、不満で溜まったガスを放出するだろう。
国民は管内閣に退場を求めている。しかし支持率が仮令1%になっても石にかじりついて、政権にしがみつく。最後っ屁を放出しながら。

 お大尽気取りで「一度民主党にやらせてみようではないか」と宣まって民主党に投票した人達よ、あなた方のお大尽遊びは大変高くついた。私までその請求書を払わされる始末となった。無知が如何に高くつくかを思い知らされた。

スポンサーサイト

PageTop

民主の最後っ屁 その1

夫婦別姓選択政策を強行
民主党の地である社会党が出てきた。

民主党はその本性をむき出しにして、独裁的な‘政治主導’で、国民の反対にも関わらず夫婦別姓選択の政策を決定した。
民主党の顔は表面であり、その表面に張り付いている自称‘保守派’は人寄せパンダであり、化粧を落とすと社会党丸出しの顔が見えた。

以下産経新聞の記事を転載する:

ーーーーーーーーーー
民主党の子ども・男女共同参画調査会(会長・神本美恵子参院議員)は2日、党政調役員会に
対して、選択的夫婦別姓制度の導入を事実上容認する提言を提出し了承された。政府の第3次男女
共同参画基本計画案への党提言の原案に当たるものだが、同日の調査会で保守系議員らが「世論を
踏まえておらず拙速だ」などと反発し、議論が紛糾したにもかかわらず、提出を強行した形だ。

 提言は「男女共同参画会議の答申を最大限尊重して第3次基本計画を策定すること」と明記した。

 政府の男女共同参画会議は7月、「選択的夫婦別姓制度を含む民法改正が必要」とした
「基本的な考え方」をまとめ、菅直人首相に答申。政府は年内に第3次計画を閣議決定するが、
答申を「最大限尊重」することは、選択的夫婦別姓制度の導入を容認することを意味する。

 2日朝の調査会では保守系議員から「世論の動向を踏まえるべきだ」「社会の仕組みの根本に
かかわる問題だ」「夫婦別姓の長所、短所をちゃんと検討しているのか」などの反対の声が
相次いだが、調査会役員は「世論にばかり左右されるものではない」として、神本氏への一任を
とりつけ、提出を強行した。

ーーーーーーーーーーーーーーー

 テレビに良く出てくる原口前総務大臣などを民主党の代表と思ってはいけない。

 裏で政策を操っているのは、旧社会党千葉景子であり岡崎トミ子であり、この元日教組の旧社会党員横路派の神本美恵子である。景子 トミ子、美恵子と、国会村に密かにすむ住む悪(ワル)の三婆だ。テレビには出てこない。

PageTop

次の騙しの手口 その2

気をつけよう、甘い言葉民主党

 反日売国勢力の次の騙しは何かを考えている。
村山富一郎がそうであったように、土井たか子がそうであったように、菅も仙石も御用済みだが、次の騙しのスターが出るまでの時間稼ぎでしがみつかせて最後っ屁を出させている。
次の操り人形は見えないが、彼らは必死で出すタイミングを見ているのでないか。

 それとは別に最近の怪しい動きは、地方で法制化が進行している「住民自治条例」とか「子ども権利条例」と名のつく条例である。外国人参政権や人権擁護が駄目になり、休日分散化という日本分割法案も流れたが、彼らはしぶとく動きを止めずに反日売国活動を続けている。

 怪しい条例の特徴は、国際水準、国連では、欧州では、先進国では、とあたかも日本が国際的に遅れているから制定しなければ世界から取り残される印象を与えて、条例を制定しようとする事だろう。
本当の目的は、日本の制度の破壊、社会の破壊や混乱なのだから、それを隠して法律を制定しようとする。

具体的には:
 -基本的な言葉の定義が曖昧である。
   住民とは、自治とは、子ども権利とは、等の極々基本的な言葉が定義されずに法律を作る。曲解、歪曲解釈をする為にそうしているのだ。

 -制定する原因や目的が曖昧
   制定するからには、現状分析や問題点を挙げて、その解決の目的の為に条例が制定されるのが常識であるが、本当の目的は言えないから、何とか言葉で取り繕うとする。だから良く分からないようにする。

 -原案が出来る前に、市民と称する「プロ市民‐反日者や売国者」の意見を聞く形で、市民や住民からの要望を取り入れた体裁を取り繕う。

 あなたの町でいませんか、「子ども権利」とか、「地方主権」とか、「新しい公共」とか言っている首長や議会や議員や団体が。これらの言葉を言い出したら要注意です。

 反日勢力の手口は旧社会党、民主党でも同じで、甘い言葉です。「若者を再び戦場に送るな、安保反対!」、「国民の生活が一番」と尤もらしい言葉を言いましたが、実態は「ソ連と中国が嫌がる日米の同盟反対」であったし、「私ー小沢と鳩山-の生活が一番、中国様の意向が二番、国民なんて最後!」であった。
 

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。