日本の再生に向けて

戦後教育の洗脳から脱却する為に、近現代史を学ぼう

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

安倍総理靖国神社参拝-マスコミ・報道の醜態 追記

「安倍首相靖国参拝 何故中国・韓国は怒るのか」と題した朝日新聞

 朝(鮮)日(報)と揶揄される朝日新聞が、今日の朝刊で「何故中国・韓国は怒るのか」と題した記事を書いた。
あれ!(?)と思って読んでみたら、羊頭狗肉と言うか、石頭が書いた苦肉の記事で求めたその理由は書いてなかった。

書けないのだろう、情けない。
でも気が付いてるから読者に理由は書いてありますよと弁解できるようにした、自己弁護である。
訊いても、「よく読めば書いてある」とか、屁理屈を捏ねて説明するのだろうな。

本当に食えないマスコミである。

スポンサーサイト

PageTop

安倍総理靖国神社参拝-マスコミ・報道の醜態

安倍首相靖国参拝報道
             マスコミ醜態ここに極まれり


 安倍首相がやっと靖国参拝された。兎にも角にも一歩前進で良い事だ。
当ブログでは靖国参拝については、日本の歴史、伝統、今後の我々の生きる道を考えて必要であることを訴えて来た。
小泉総理の参拝から7年振りであり大変喜ばしい。

 その間の首相である:
  -安倍晋三
  -福田康夫
  -麻生太郎
  -鳩山由紀夫
  -菅直人
  -野田佳彦

の六人は参拝せず、安倍さんだけは参拝しなかった事を悔やんだが、他の5人は言及なし。福田康夫と民主党の3人のリベラル派には求めても無駄だったが、麻生さんには行って欲しかった。
このブログでは平成20年の衆議院議員選挙前に「選挙には負けるかもしれないが、行く事は自民党を鍛え直し、目覚める有権者が出るかもしれない」と論じて、参拝をお願いした。しかし叶えては貰えなかった。

で、本題に入ろう。
 靖国参拝で賛成・反対の議論が湧き起って欲しいので書くのだが、今のマスコミ報道機関は、中共国家や韓国が怒っている、とは報道するが、何故中共国家や韓国が怒るのか? その原因は? と一歩突っ込んだ展開もせず、ただ単に彼らの怒りを殊更煽る様にワン・パターンで報道している。
その報道姿勢を譬えれば、それはヤクザが因縁をつけてる現場を報道して、

「ヤクザが一般の人に、ガンを付けたと言って怒っています。一般人の方は何故不用意にガンを付けたのでしょうか。ヤクザも人間です。ヤクザとも仲良く暮らすことが共生社会でのルールです。ヤクザが嫌がる事をしてはいけません。」

と、やっている様なもんだ。まるでヤクザに「早く金をやれ」と言っている様なものだ

 何故中共国家と韓国は因縁を付けるのか?
両国が日本と対決して戦争に勝った事を統治正当としているからであり、もう一つには因縁を付ければ金をタケレルからだ。日本の歴史を否定しないと己の統治正当性を保てないと言う極めて「危うい」立場にいる両国の指導者にとっては、日本が真っ当な歴史を自分で語る事は、己の嘘が人民にばれてしまい、それは己の歴史の否定に繋がり、そして己の統治正当性の否定に繋がるからだ。「靖国は日本の歴史の連続性を断ち切るきっかけでしかないのだ。両国は日本の近現代史を否定したり改竄させようとやっているのがその証拠だ。日本と彼らの近現代史は両立しない。黙っていれば良いのに「日本は悪い」と声高に言うもんだから、ブーメランの如く戻ってきて、自分の歴史を否定する事になってしまった。

 日本はこれまで(知ってか知らずか)そんな立場の両国を慮って来たが、そんなことをしても無駄であり、却って増長させるだけだし、ましてや日本自身に刃を向けてくると判ったのだ。「捏造南京虐殺」、尖閣への侵略、竹島侵略、「従軍慰安婦の捏造」等々、両国が現在進行形で日本に向けている刃の数々は、多々ある。

 ブーメラン等で事ここまでに至ってしまって、自分自身が倒れてしまいそうだから必死なのだ。日本は淡々とやるしかないだろう。

 公正を目指す報道ならば、「何故、中共国韓国は怒るのか」を報道すべきである。淡々と。
「ガキがおもちゃ屋の前で駄々を捏ねています。親は子供と向かって話し合いをすべきだ。」式のナンセンスな報道は、聞くにも耐えないし、報道の怠慢・思考停止・偏向・売国・媚中韓がごちゃまぜになった醜態そのものである。

 更に問題、なのは彼ら自身がその醜態を「カッコいい」と勘違いしている事だ。
反政府、無束縛(彼らの言葉では「自由」と言う)、退廃的な事、をカッコいいと。
自浄を期待出来ない醜悪な第4の権力者がそこに居る事を改めて認識し、そして改めて嘆く。
でも嘆くだけでは解決しない。その醜悪さに向かい、取っ組み合い、倒す事だ。絶対に逃げてはいけない。

PageTop

「吉見中大教授による慰安婦=性奴隷捏造」裁判 第2回公判傍聴記

吉見中大教授による慰安婦=性奴隷捏造」裁判
       第2回公判傍聴記


 本日3時より第2回公判が開かれた。

 最初に桜内代議士側の荒木田弁護士が、吉見原告側の訴えに対する反論をした。
その内容は、原告側の訴えそのものが不明である事-明確でない事、名誉棄損と言うがどんな不利益な点があるのか不明である事、百歩譲って「従軍慰安婦性奴隷」が名誉棄損に当たると言うのであれば、世の中にはそんな論文は多数あるし、例えれば邪馬台国論争で持論と違い説を述べた相手方を名誉棄損で訴えるようなものだと展開し、訴える理由がないのだから告訴は却下すべきと、荒木田弁護士は喝破した。

 対して原告側弁護士は「原告の発言は名誉毀損である」と言い募るのみであった。小林久起裁判長に促されて原告が言い出したのは、(驚く勿れ)「名誉棄損の具体的な点を(これから)一ヶ月半かけて作る」と言うものだった。
今年7月26日に告訴状を出してからもう4か月も経っているのに「これから訴えの明細を出します」とは!!!!!

 裁判所よ、こんな訴えを受け付けるな!と言いたい。

 しかし中央大学教授のこの体たらくは泣けてくるよね。中大と言えば一応は名の知れた大学であり、法学部はかの千葉景子元法務大臣も出た看板学部ではないか。そこの教授が自分の説を否定したのは名誉棄損だ、と裁判に訴えたのだが、その訴えが体をなしていないのだ。
ーーーーーーーーーーーーーーーーー
そんな訳で次回公判に原告側は名誉毀損を具体的に述べた書類を出すとの事だ。

 裁判の体になってないのだが、第3回もそうではなかろうか。
原告側がどんな詭弁を弄すのだろうか、それとも尻尾を巻いて逃げ出すか(訴えの取り下げ)、の2つしか残されてないと思うが、、、。
詭弁を弄し、屁理屈を捏ね、論点をぼかし、そして自説を繰り返すのではないか。正に駄々っ子の所業だが、そんな次回を楽しみにしたい。

 次回公判日:来年3月3日(月)15時より 103号法廷(今回同様傍聴は抽選でしょう)
 

PageTop

「吉見中大教授による慰安婦=性奴隷捏造」裁判 第2回公判

「従軍慰安婦」説を名誉と自慢する吉見中大教授による
 桜内代議士への名誉棄損裁判 第2回公判

 第2回公判
  ・12月11日(水)午後15時より
  ・場所:東京地裁 103号法廷


 で、開かる。

恐らく当日は抽選による傍聴となるだろう。

  自分の捏造と思える学説を非難されて、名誉棄損と訴える中央大学の教授の顔を見に行きましょう。

しかし中央大学は法律学を自慢する大学ではなかったのか。
学説を名誉棄損と主張する同僚に対して、苦言を呈する教授なり職員はいないのだろうか?
そんな人物払底?
そうだとしたら、中央大学には、「真っ当な」法律の専門家も、学問の自由も、ないと言える。

 捏造の戯言を自分の学説と強弁する教授が教える大学、そんな教授を批判しない大学、そんな中央大学と世間に宣伝すること自体が、中央大学とその職員・卒業生・在校生に対する名誉棄損ではないだろうか。

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。