日本の再生に向けて

戦後教育の洗脳から脱却する為に、近現代史を学ぼう

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

日中韓投資保護協定

日中韓投資保護協定が近々発効」、本当?

 中共国と韓国との投資保護協定発効寸前で今年3月までには発効になるだろうとの新聞記事が昨年11月22日(15:09)版MSN産経ニュースに出た。

(以下その記事全文)
ーーーーーーーーーー
 日本、中国、韓国3カ国間の企業投資を促進するための日中韓投資協定は、22日午前の参院本会議で、全会一致で承認された。
 外務省によると、韓国は国会承認など国内手続きを完了しており、中国の政府内調整が順調に進めば、協定は2013年度中にも発効する。
 3カ国による経済分野での初の法的枠組み。知的財産権の保護や、進出企業と受け入れ国間の紛争解決手続きなどを明記した。政府や経済界は、日本企業の中国での活動を円滑にする環境整備の一環と位置付けている。

ーーーーーーーーーーーーー

 この新聞記事には一番大事な事が書かれていない。
それはこの協定に投資家保護の為にICSID条項が入っている事である。
ICSIDに関連する言葉としてISDがあり。これは毒素条項とTPP反対派特に反日系が気嫌いする条項であるが、毒も薬で使い方である。TPPでこのISDを目の敵にする連中がこの日中韓投資保護協定では黙っているのが、その傍証でもある。)

 ICSIDとは、紛争解決の為に世界銀行傘下の投資紛争解決国際センター(ICSID)を通して、仲裁裁判所の判断を得る事に繋がる条項であり、日本企業が中共国や韓国で(中華人民共和国、韓国)政府の政策によって日本企業が不利益を受けた場合に、損害賠償を請求出来ることになるのだ。勿論逆もまた真なり(vice versus)で中共国・韓国企業も同じ事が出来る。

 日本企業は中共国・韓国で随分苛められて来し、今も苛められている。進出する時は「一見天国」、生きるは「生き地獄」、撤退しようとすればするほど撤退出来なくなる「蟻地獄」、帰れた先は無事で済まされずに「あの世の天国」、となるのが中共国・韓国に進出した多くの企業の末路である。戦前も然り、先の松下幸之助傘下のパナソニック然り、「井戸堀り人」は無用となって焼打ちに遭ったように埋め殺されるのがかの国の美しき「伝統」である。

 この「伝統」を破って、民間企業が中華共産党(中共)一党独裁の中華人民共和国政府を訴えられる!、とは信じられない。
日本企業だけでなく、日本に拠を構える中共国系企業も訴え事が出来るのだ。中共国での統治システムとの整合性がなくなってしまう、等々の問題があるから、信じられないのだ。
この新聞記事では、「中国の政府内調整が順調に進めば」と、条件を付けている。「調整」?、「順調に進む」?、の言葉も独裁国家内で対立が起きる事を匂わせていないか。

 ここからが私の推論だが、
 ①中共国政府は発効前の政府内承認-批准が出来ないし、やれない。
   条約が発行したら、その独裁統治が綻び、日本企業撤退の格好の誘い水となってしまうからだ。
 ②出来ない口実に、歴史認識、靖国、尖閣等の無理難題を安倍首相ぶつけ、
   日本政府の一方的な譲歩を求めるだろう


(あり得ないが)日本政府から全面的な譲歩を得られたら、国内反日過激派の抵抗を排除できて投資保護協定の発効となり、日本政府が譲歩しなければそれを口実に条約は発効させないだろう。

 我々は中共国がそんな国だろうと最初から心して付き合う事ではないか。
転ばぬ先の杖で、中共国が協定発効の引き換え条件を求めても動ぜず、原則を貫く事だ。
媚中派のマスコミや政治家、それからノミの肝っ玉の経営者は歴史認識なんて一銭の価値もない、等と騒いで譲歩を求めるだろうが、無視する事だ。
 企業経営者も「政経分離」と言い繕って「非法治国家」・「独裁国家」に投資した経営判断を反省し、投資金額を取り返せれば儲けものと「損切り」をする事だ。戦前支那で大損した「歴史認識」が足りなかったと、反省する事だ。「政経分離」やら「政冷経熱」と、政治と経済を別物と考えた妄想が打ち砕かれる瞬間でもある。

 稀代の詐欺師集団の親分-中共トップが宣っているではないか、「日本人は歴史を鏡としなさい(ニヤリ)」、と。

スポンサーサイト

PageTop

都知事選挙 文字でなく記号で書いた人々 保守陣営の課題

都知事選挙
  文字でなく記号で書いた人々 
    田母神候補が掴めなかった人達-記号

   都知事選で見えた保守陣営の課題


 区の開票に立ち会った人から聞いた話は面白かった。

 都知事選挙では多くの若い世代の人達が田母神さんに投票した事が話題になっているが、開票に立ち会った人は書かれた投票用紙を直に視られたことから、その筆跡が候補者によって違うと言うのだ。
ーーーーーーーーー

 投票用紙に書かれた文字には達筆の方もいたが、驚いたのは漢字を書けない、日本文字を書けない人の多さです。
特に舛添宇都宮細川と書いた人達の書いたものは、文字と言うより記号と言った方が良いと言えるものが多数あった。普段字を書いてない人達であるのが、はっきりと判った。

 「舛添」を「ますぞえ」とひらがなにしたのは、そんなことを知っていた舛添陣営選挙参謀の智慧でしょう。
そのひらがなでさえ、判読が難しいのがあった。

それから宇都宮細川氏だが、「宇」(う)が「字」(じ)だったり、「細」が「糸」と「田」が離れて いたり、正に記号であった。

 傑作は、「細」と書いてその「細」を鉛筆で黒く消して「宇都宮けんじ」と書き改めたのが 多く有った事だ。
投票所記入ボックスの中で机の前に貼ってある候補者名簿を見て、反原発の「細」までは書いたがその先の名の「護煕」を見たら書く気が失せ、書き易い「宇都宮けんじ」としたのではないか。
宇都宮氏が健児を「けんじ」と平仮名にしたのは、これもまた作戦勝ちであろう。
宇都宮氏が細川氏に得票数で勝ったのは、「名前を書くのが細川より易しかったから (細川の名前は書くには難し過ぎたから)」と考えてしまう。

 これは冗談かとお思いなる方がいるでしょうが、これは冗談のような本当の話である。

田母神」と書いた人は、達筆有りで日本文字であった。ひらがなで「たもがみ」と書いた方は少なかった。
若者が多く投票した田母神氏の投票用紙には、漢字文字でチャンと書かれていた、と言うのは嬉しい話だ。

 顔はその人の人生そのものを表すと言われるが、文字も人なり、ではないだろうか。

 では普段文字を手書きで書いてない人と、書いている人との差はなんであろうか。
手紙を書かない、手紙を書いたとしても宛先から文章まで全てパソコン打ち出し、メモも書かない、黒板・白板(ホワイトボード)に書かない、手書き手帳を使わない、と言った人達が浮かんでくる。
その職業は何だろうか。使われる立場の人、肉体労働だけの職業、等が浮かんでくる。
東京都の区だから、農業従事者人口は少ない。
そう考えてくると、細川・宇都宮氏に投票した人の顔と職業や日常の生活が浮かんでくる。

 投票用紙を全部見た訳ではないが、舛添・細川・宇都宮氏の得票数四百万票の3/4の三百万票がこの普段文字を書かない人達ではないか。その人達をここでは「記号人」と呼ぶ事にしよう。
彼等は浮動票層ではない、雪の積もった道を歩いて投票所へ通った確信を持った人達である。
 その理由が未だわからないのだが、その記号人を舛添候補は掴んだし、その反対に田母神候補は掴めなかった。
それが保守陣営の今後の課題である。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 

PageTop

都知事選挙 開票結果

都知事選挙 素人の分析 
 田母神氏は頑張った


 昨夜開票された都知事選挙は、舛添要一氏の勝利で幕を閉じた。
その開票結果と昨年7月の参議院議員選挙の対比をしてみたい。

1.都知事選
 舛添要一  2,112,979
宇都宮健児 982,594
 細川護煕 956,063
 田母神俊雄 610,865

2.平成25年7月 参議院議員選挙
 自民党 丸川珠代  1,064,660
  (同) 武見敬三  612,388
 公明党 山口那津男 797,811
-----------------------------
 自民公明合計  2,474,859

 中核・社民?山本太郎 666,684
  (同) 大河内雅子 236,953
 共産 吉良良子 703,901
-----------------------------
  社民・共産党合計 1,607,538

3.
舛添候補
 参議院議員選挙に較べ自公両党からの得票は約36万票減った。田母神候補に60万票流れ連合からの+があり、表面上は36万票減となったのではないか。
 田母神候補には自民党から大部分が流れたのではないだろうか。

宇都宮候補と
 共産の基礎票70万票に社民の25万票が加わった結果ではないか。

 ③細川候補
  社民系、連合系、民主党の一部、中核系から票を集めたのではないだろうか。

 ④田母神候補
  自民党以外の保守票7万に自民の基礎票160万票の2割から3割を取り、そして新しい若い人の保守票を掘り起こ  したのではないだろうか。
  党組織もないところで、良く健闘したと言えるだろう。

 ⑤宇都宮候補と細川候補
  両候補の合計は190万票であった。
  両社は共産党と社民の合計基礎票は100万から130万票位で、60万から90万票は連合・民主系からであろう。
 

PageTop

安倍首相を支える

日本国のリーダー 安倍首相を支える

 支那朝鮮人は国を挙げて安倍首相を個人攻撃している。
靖国に至っては、日本国民が個人が行くのは構わないが首相が行くのはダメだ、と奇妙奇天烈な論で、安倍首相分断作戦を画している。

 こんな露骨な小学校で言えばいじめであり、大人の世界で言えば893脅しであり、それが効くと考えている中共政府や韓国政府、支那朝鮮人を観ると、三つ子の魂は百どころか、支那三千年の歴史そのものであり、その変わらぬ民族性を慨嘆する。

 翻って我が大和民族は武士の心を保っておるかと観ずれば、甚だ怪しい。
マスコミは安倍首相叩きを加速させているように見える。国会が始まったがその安倍首相に対する批判も然りであり、与党自民党・公明党でさえ誰一人として支えよう、擁護しようとする姿勢は見えない。
安倍内閣の政策を批判するのは、言論の自由であり、国会での自由な論議の前提であるが、批判する前にせめて支那朝鮮人とは違う事を言明すべきではないか。

 新聞・マスコミの報道と論調、国会での議論が、支那朝鮮脅しを聊かでも擁護するならば、それは893脅しを増長させ、日本の国益を更に毀損させる行為である。
ヤクザが現に脅している傍で知らぬ半兵衛を決め込むのは、893の共犯者である。
国民はそんなマスコミと国家議員・政党を注視している。

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。