日本の再生に向けて

戦後教育の洗脳から脱却する為に、近現代史を学ぼう

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

朝日新聞の慰安婦記事の国際的な影響

朝日新聞の慰安婦記事の国際的な影響
       「限定的」???


 「朝日新聞慰安婦報道 第三者検証委員会」による報告書が12月23日天皇誕生日に発表された。
この日を選んだのも如何にも朝日新聞らしいではないか。昭和23年12月23日はマッカーサーが東条英機元首相他を「人道に対する罪、戦争謀議」で絞首刑を実施した日である。当時皇太子であった現天皇陛下の誕生日に処刑を実施知ると言う、いかにも底意地の悪いマッカーサーらしい行動である。

 朝日新聞はマッカーサーの回顧録を出版する程にマッカーサー大好きである。
話は逸れるがその3日前の20日に、『「大人」になり損ねた日本』(白井聡氏執筆、文化学園大助教)と題した意見が掲載された。同氏はマッカーサーの日本12歳発言を是とする書き出しで論を展開し、日本人はその後成長せずに『「大人」になり損なった』と断じ、もうその認識が無ければもう一度日本は反戦するしかない、と結論付けた。
 敗戦を当然、日本が占領された事を有難く思い、しかし今は河野談話ベースの慰安婦問題を無い事にしようとし、中韓と衝突を起している程に退化してマッカ-サーが求めた大人になれてない、とする考えである。
マッカーサーの日本侵略論・軍人悪漢論に洗脳された典型的な人である。近現代史を勉強してから「大口」を敲きなさい、先ず彼方が自分の頭で考える「人間」となり大人になりなさいと。

 本論に戻すと、香里委員(東大教授)は朝日の吉田証言記事の国際的な影響は大したことなかった、と結論付けた。
その理由は、朝日新聞の吉田清治の記事は韓国のメデイアに引用されているのは少ないからとした。

 影響力を引用数で図る手法に先ず疑問がある。それから何故韓国があれほど狂気じみた行動に出たのか-朝日の影響ではないのか、検証していない。
 委員の見解は、放火犯のマッチ一本位の火で大火災の原因と断定するには難しいと言っているのと同じである。空気が乾燥し、風に煽られればマッチ一本でも大火災になる。
反日の土壌が有り、熱しやすい韓国民衆にマッチ一本を投げ込んで慰安婦問題を焚き付け大炎上させたのは朝日ではなかったのか。朝日新聞はその放火犯ではないか。
東大で情報学を教える程の氏が、「沢山情報をばら撒けなければ効果がない」と言っている訳で、本当に東大の先生?と疑ってしまう。

 白井氏と言い氏と言いお二人とも大学で教えて居られる方であるが、教えられる学生に同情する。
朝日新聞もこんな幼稚な「御用学者」を公器である新聞に登場させるべきではないだろう。

スポンサーサイト

PageTop

反御皇室政党連合の誕生

反ご皇室政党連合の誕生
     そこに政党補助金?

 小沢一郎氏と山本太郎氏が政党を作った。
政党」とは政党補助金を受け取る事が出来る政党要件を満たした党である。金と国会での質問権を手に入れた。


 政党として2人を結び付けるのは、反ご皇室-ご皇室の手前勝手な悪用-した実績であり、「金」と中核等の「極左翼」が結びついた政党であり、北朝鮮、中共国家を信奉する支那朝鮮御用政党の誕生でもある。
では二人は国会で何をやるか、党名は「一郎・太郎の反ご皇室党」でなく、「生活と山本の何チャラと言う党」と言っているが、やる事は反原発と反ご皇室と、支那朝鮮マンセー(万歳)である。
 民主党一部、社民党、共産党が賛成に回るだろうから、注意を要する。

 こんな政党に議員歳費等に加えて税金を更に注ぎ込む事になる。
金だけでなくその上に、一人前の議員面(ぎいん づら)して国会で「落日新聞」で一丁前の事を喋るのだから、聞かされる方や読まされる方にとっては、迷惑どころか精神的苦痛以外の何物でもない

 あちらの方みたいに精神的な苦痛に対しての慰謝料を裁判などで集る-請求しようとも思わないが、これが民主主義の「愚かな無駄遣い」「必要経費」なのであろうか。

 年末の何とも元気の出ない一文になってしまったが、大晦日までには挽回したい。

PageTop

総選挙 真の保守勢力の後退

保守は惨敗であった

 自民が圧勝とか自公民が圧勝と喧伝されているが、真の保守勢力は完敗と言うより惨敗に終わった。

改憲勢力である自民党は現状維持、次世代は議席数を大幅に減らし、山田さん、中山さん、西村さん、桜内さん、杉田さん等を失った。
対する護憲勢力は、共産が3倍近く伸ばし、民主も微増、公明も伸ばしてマイナス要素なしである。

 慰安婦問題を取り上げた代議士が軒並み落ちてしまった現実は厳しい。
慰安婦問題を議員時代に取り上げたから落選したのではないが、それが票に繋がらない現実は寂しい。国を思う人達が議席を失う、国を思う事を訴えた人が当選しない現実は本当に厳しい。

 我々国を思う真の保守勢力は、選挙戦で正しい事を言えば選挙に勝てる、と奢っていなかったであろうか。
「お前は洗脳されている」、「お前は騙されている」、「覚醒せよ、この馬鹿者!」と上から言っていなかったか。

 保守陣営は実は選挙下手なのではないか。選挙素人ではないのか。
今回の総選挙の結果を反省の糧として、如何したら代議士にしたい人を選挙で当選させられるか、を考える切っ掛けとしたい。

PageTop

憲法九条のお蔭で今の日本がある

憲法九条のお蔭で今の日本がある

 「憲法九条は不戦を明記している。このお蔭で今の日本がある」、と訴える人達がいる。この部分だけは正しいが、次に来る言葉-「だから憲法九条を擁護しよう」が間違っている
 正しく言うと、「(お蔭で)この平和ボケした日本がある、憲法九条擁護破棄しよう」

 憲法九条があるから、平和でない事が起きるので、論理展開が間違っているのがお分かり頂けるだろう。
九条があるから、支那のカッパライが赤サンゴを根こそぎ持って行くのだ。泥棒だって痛い思いをしたくないが、日本ではその心配がないと知っているから、白昼堂々日本の領土に侵入して不法行為をするのだ。
九条があるから、北朝鮮は報復を恐れず武力奪還を恐れず、日本人を拉致出来たのだ。
九条があるから、韓国は経済制裁も日本の武力奪回も恐れず、竹島を不法占拠し続けるのである。
九条があるから、同様に心置きなくロシアは北方4島の不法占拠を続けられるのである。
 領土を侵略され、日本人を拉致され、泥棒が跳梁跋扈する事態を、「平和な日本」と言うのだからボケているから「平和ボケ」と実通りのお言葉を差し上げたのであり、そういうボケた人を非難中傷しているのではない。

 もう一つ間違った論理展開で我々日本人の思考を停止させている言葉がある。
「安らかに眠って下さい 過ちは繰返しませぬから」
 安らかに眠って欲しいから前段は良いが、後半はおかしい、ある日いきなり理由もなく殺された人に向かって、過ちをしたから殺された、と言うに等しい言葉である。是では安らか所か怒り心頭でおちおち眠っていられない。
安らかに眠って欲しいのであれば、
 「安らかに眠って下さい 無念は必ず晴らしますから」、或は「きっと敵を討ちますから」
とするのが、死者に対する言葉である。元の言葉は死者に対する冒涜以外の何物でもない。

如何晴らすか?
アメリカを敵とする事でなく報復をする事でもない。
でもアメリカに謝って頂きたい。賠償も何もいらないが謝罪だけはして欲しい、それを求めるのが生き残った人とその後の世代の務めであろう。そしてその謝罪が真の日本とアメリカとの友好的発展を作るであろう。
アメリカをそれを求めていると思う。

PageTop

民主党は反省していない

民主党反省していない

 最近の海江田党首の発言を見ると、2年前の総選挙での民意を全く忘れてしまった様だ。

アベノミクス‐経済が悪い、争点隠しの選挙だ、と言っているが、経済を良くする案も対抗する案も出さずに、非難するだけ‐社民党と同じで揚げ足取り政党に先祖返りした。

その上に民主党政権の時は経済は良かった(by蓮舫)とまで言い出した。
選挙民をこうまで愚弄しても大丈夫だ‐騙せると踏んでいるのだろう、さすが支那人の末裔と思ってしまう。

 今おれおれ詐欺等の被害者の名簿が高額で取引されているそうだ。
詐欺師は知っている、「馬鹿は何度でも騙せる」、「砂の真砂は尽きるとも 世に詐欺のネタは尽きず」と。

我々は詐欺師に日本人の良心と心意気を見せようではないか。

「息を吐くように嘘を吐く」人達と、「(本当の)泥棒が(傍の善人を指して)、あいつが泥棒だと」と叫んでその間に泥棒は逃げる伝統文化で育った人達に、我々日本は囲まれている。
次の気概を持って事に当たろうではないか。

柳の下に泥鰌はいない! 民主党には泥鰌がいるようだけれど)

嘘は百回言っても嘘!   (千年でも嘘を吐く民族がいます)

カエルの面には正論を!  (小便位ではだめ。硫酸でも駄目でしょう、チタンコーティングの鉄面皮ですから)

卑怯者は桃太郎が退治する! (彼の国には英雄が居ない!、いるのはテロリストと売○婦だけ。
         日本人が退治するしかありません)

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。