日本の再生に向けて

戦後教育の洗脳から脱却する為に、近現代史を学ぼう

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

国籍法の参議院での成立

国籍法が12月5日の参議院本会議で賛成多数で成立してしまった。
残念であるが、参議院で改悪国籍法に反対を投じた次の議員諸氏を称えたい。
 国民親党
  亀井亜紀子 島根県選出 43歳
  亀井郁夫 広島県選出 75歳
  自見庄三郎 比例  63歳
  長谷川憲正 比例 65歳

 新党日本
  田中康夫 比例 52歳

 新緑風会
  外山 斎 宮崎県選出 31歳
  森田 高 富山県選出 41歳
 無所属
  田中 直紀 新潟県選出 68歳
  川田 龍平 東京都選出 32歳

 (棄権した議員:
  自民党
   有村治子 比例区 38歳
   衛藤晟一 比例区、61歳
   山東昭子 比例 66歳(副議長なので自民会派を離脱中)

 法務委員会での審議採決が動画で流されている。議論を封じたその状況は周知となった。
この言論封殺行為を行なったのが委員長の澤 雄二議員と千葉景子議員である。

  澤 雄二:東京都選出 60歳 公明党 慶応法卒、フジTV デイレクター
  
  千葉景子 神奈川県選出 60歳 中大法卒、弁護士、元社会党員(社会党副書記長)
         民主党総務委員長

 メデイア出身の人が言論を封じ込み、弁護士がそれに加担する図は今の日本を象徴している。

 千葉景子議員は、社会党で副書記長までなったバリバリの社会党員であった。その人が今は民主党にいて、民主党が政権を取ったら、大臣候補に挙げられる人である。

 千葉議員は社会党参議院時代に、日本人に成りすまして日本人を拉致した北朝鮮人拉致犯辛光洙(シン・グァンス)を含む政治犯達を「在日韓国人政治犯の釈放に関する要望」と題する韓国大統領(当時)宛の日本人拉致犯人の助命嘆願書(1989年)に署名した人で、これはお笑いでしょう。
元国籍偽造をして日本政府からも指名手配されている人物‐辛光洙を除名嘆願した人が、もっと国籍を取りやすいように運動している!

 千葉議員は2004年の選挙で当選しているから、神奈川県の方は2010年の参議院選挙ではこんな反日議員に投票しない、投票させないようにして、落選できませんか。

 こんな人物が民主党のネクスト内閣で大臣候補になったり、今総務委員長と、党の役職にいる。
やはり民主党には政権を任せられない。
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

嗚呼「讀賣新聞」

紙面拝見? 讀賣新聞の場合 基礎からわかる新聞の「遅延報道」 改正国籍法成立、未婚でも子は日本籍  日本人と外国人の間に生まれた子...

博士の独り言 2008-12-09 (Tue) 12:38


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。