日本の再生に向けて

戦後教育の洗脳から脱却する為に、近現代史を学ぼう

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

蓮舫を擁護する論理

この期に及んでも蓮舫を擁護する人がいる

 不見識でいい加減でパフォーマンス(振り)だけ、その上に頭は悪いだけの蓮舫を擁護する人達の目的は何かを探る必要がある。
頭が悪いが詭弁は上手いからこそ、使えるタマと利用する輩がいる。

 我々が選んだ選民である国会議員に対して敢えて「頭が悪い」という以上、理由を述べたい。ユーチューブで投稿されている蓮舫大臣の国会答弁を視て聞けば、納得するだろう。「己が知ってない事を」を知らないので頭の悪いと失礼を省みず申し上げる。

 その蓮舫仕分け大臣が事業仕分けでスーパー堤防計画を取り上げて言った:
「百年に一度の災害にそこまでの大金投じる意味あるんですか?」。
今この発言が批判されている。石原都知事も撤回するように言った。しかしこの発言を蓮舫を擁護する人は奇妙な論理を展開している。以下がその擁護する人の代表的な発言である:

「結果から言うと該当する発言をしたのは事実だが文脈を見る必要がある。報道によると蓮舫氏が総事業費に12兆円かかるスーパー堤防について完成に400年もかかるならそれは完成しないのと同じなので意味が無い、という趣旨の批判をしている。
左右見比べてみるとわかるが実際の発言は当然の指摘をしているに過ぎない。そもそも論としてはスーパー堤防は洪水対策用で津波対策用ではないから今回の地震と絡める意味が無い。」

 擁護論での、完成に400年かかるから意味がないとする論理が不明だが、推測するに以下の①の意味であろう:

 ①完成に400年もかかる。それは(私蓮舫が生きている間は)完成しない。だから堤防を作る事は意味がない。

 ②スーパー堤防は洪水対策用だから、今回の地震での津波と絡める意味がない

 ②は子供でも見抜ける論点の逸らしだが、この言ってる人はこんな幼稚な論で、蓮舫を擁護出来ると考えている、他人を説得できる → 誤魔化すことが出来ると考えていると思うと、馬鹿!と言いたくなるし、馬鹿にするな!とも言いたくなる。

 ①の論も私の推測が当たっているのであれば、その短絡的な人生の見方、ましてやその人が国家百年の大計を考える国会議員であるので、気持ちが暗澹としてくる。この人は「どうして一番でなきゃならないのですか」と発言した。彼女の学校時代の成績表を見たいものだ。恐らくトップになったこともなければ、なろうと努力した形跡も見られないだろう。

 好い加減でパフォーマンスだけである点では菅と蓮舫は似ている。彼らが内閣を構成し、そして震災担当でもある。我々はとんでもない人達を選んでしまった。
早く替えるべきだ。

政権交代!
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。