日本の再生に向けて

戦後教育の洗脳から脱却する為に、近現代史を学ぼう

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

「日中友好」は破綻した

日中友好」は破綻した

何故我々は中国を嫌いになったか

 40年前の国交が始まった時は7割の人が親しみを感じていたのが、今は7割が親しみを感じてないのですから、嫌いになったのです。
アフリカの知らない国をの人には親しみを感じてませんが隣の「一衣帯水」の国なのです。
ようく知った上でを嫌いになったのですから、それなりに深い深い理由があるはずです。
左巻きの連中はその原因を、尖閣問題に端を発した一時的な感情ですとか、日本(人)が「過去の侵略を反省せず」に、「間違った違った歴史認識を持つ」とか、「共同声明の原則を無視する」とか、アメリカに追従するからとかの、日本の所為にして問題の本質からずらす試みをしています。原因は、我々の意識が変わった結果です。

 意識の変化を述べる前に、この40年間に我々の社会はどう変わったでしょうか。
日中友好」に関して言えば、私は大きな変化の象徴として、1989年のベルリンの壁の崩壊と、平成7年(1995年)頃から普及し始めたインターネットを挙げます。片や「世界を徘徊した妖怪」(マルクスの言葉)である共産主義の破綻であり、もう一方は通信技術革新の成果です。

 共産主義体制の崩壊は、70年続いた共産主義本家のソ連の解体に止めを刺します。 
インターネットは平成9年頃から個人の利用者が急増し、今では8割近くの人がメール、ホームページ、ブログを利用し、それまでとは違った自由で安価な情報の発信と交換を生み出しました。
インターネットの普及は、情報を扱うマスメディアと学会や大学等の歴史観形成機関の独占を崩しました。マスメデイアは「日中友好」が大勢を占め、歴史観形成機関は自虐史観の様な史実に拠らない教条主義的な歴史観が蔓延っていました。中国と同じ統制された言語空間にいた訳ですが、インターネットの普及で日中間に情報量と質で乖離が始まりました。平成に入ってからは中国に対して拮抗していた好悪の感情が、普及し始めた以降に逆転した点がそれを裏付けます。

 こうした社会の変化に加えて日中間の人の往来が飛躍的に増えた事も見逃せません。「日中共同声明」が出た昭和47年に入国した中国人の数は僅か二千名弱でしたが、一昨年の平成22年には百六十万人と、実に800倍にも伸びました。
共同声明前の中国に対する我々の認識は、「長年の圧政と外国の侵略から解放された民衆」「大躍進する中国」「ハエやゴミもないきれいな街」、「マナーの良い中国人」、等と、戦前とは一変した新生中国が喧伝されていました。
だが人の往来が増えて中国人を目のあたりにしますと、素顔が見えて来ました。
観えた素顔の一例を挙げます。

 外国人による凶悪犯罪が連日紙面を賑したことを憶えているでしょうか。平成3年より外国人犯罪件数は急増しピーク時には3倍に達したが、この急増は中国人犯罪者に拠るもので、当初は僅か数%だったのがピーク時には何と4割以上を占めました。
日本に強盗と泥棒に来る訳ですから、それも中国の警察で無犯罪証明が発行された人達が、日本に来てプロ並みの手口で泥棒と強盗と殺人を犯すわけですから、その極悪非道ぶりは中国人だけでなく、国家そのものが共犯者です。
他に「輸入毒菜」「毒餃子」「特許・商標権の侵害」等々、中国の国家と人民は喧伝された新生中国とは、全く違った素顔でした。

 この40年間で共産主義に対する幻想が亡くなり、必要とする情報へのアクセスが自由となり、そして「中国」が身近になった事で当然の結果ですが、我々の意識が変わりました。日中関係で言えば、40年前の甘い幻想と期待の対象から、現実の対象となりました。当たり前のごく普通の対象となった訳で、結果は全般的に否定的なイメージに変わった結果が親近度調査に出ましたが、親しみ度のマイナス原因は、中国人の犯罪や毒餃子や尖閣での領海侵犯等の事件が挙げられますが、それらは表面の事件で直接的な原因の裏に、我々が持つ社会観と歴史観が変わった事が一番大きな要因であると思います。
人の意識や見解は、過去の縦糸‐歴史からの経験知である歴史観と、現在の横糸‐事件と現象が織りなして織物の模様の様に作られます。横糸である社会が変わったのに加えて、縦糸も変わったから、意識がガラリと変わったのです。

次回は変わった社会観と歴史観を取り上げます。
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。