日本の再生に向けて

戦後教育の洗脳から脱却する為に、近現代史を学ぼう

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

原子力発電 そんなに大事なら国がやるべき!

原子力発電 そんなに大事なら国がやるべき!


 野田首相が、国民生活を守るために大飯原発の再稼働は必要だと表明し我々の理解を訴えた。
この原発に対する認識には全面的に賛同する。

 この表明で重要な点は、「原発は国民生活を守るために必要だ。だから再稼働は必要だ。」である。決して「原発は安全か」とする証明不可能な命題ではない。
原発反対派は証明不可能な命題を設定して原発を阻止しようとする。「あなたは絶対に殺人に遭わない」とする命題にも似た問題設定を原発に課して、その運転を止めようとする行為は、日本を弱体化させようとする叶う筈のない左翼の長年の悲願である。

 野田総理は、民主党の総理としては比較対象とならないほどに酷かった「ルーピー」と「空き缶」首相より、少しはましであるから、彼の大飯原発運転再開に賛成するわけではない。

 国にとってそんなに大事な発電所を民間に任せた自民党時代の政策が問題の原因なのだ。
民間に任せるのでなく国がやるべきであったのだ。
福島に見られるようにエネルギー政策を民間にやらせたつけは大きかった。民間の電力会社は本来国があるべきである原子力発電をやった。このお互いにもたれ合う構造が、福島の事故での病巣ではないか。

 原子力発電は国がやるべきであり、今すぐやることは国が原子力発電所を買上げ、その運営は民間の電力会社に委託する事だ。将来は運転を含めて国と民間の役割分担をじっくり検討し結論を出す事だ。

 原子力発電を民間に任せた政府と、出しゃばった民間電力会社の構図を崩す事が、国としてのエネルギー政策を推進する第一歩であろう。
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。