日本の再生に向けて

戦後教育の洗脳から脱却する為に、近現代史を学ぼう

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

天皇陛下御即位二十年奉祝中央式典から思う その3

森元首相の嘆き?

 12月23日付け産経新聞に森元首相が単刀直言コーナーに「うろたえるな自民議員」と題して、自民党議員は麻生総理を支え一体となってこの経済危機を乗り切るように、自民党員へ訴えている。
                              森元首相談話産経081223
 新聞でこうまで言うのであるから実態は相当深刻なのであろう、と思っていたら一昨日渡辺喜美衆議院議員が党方針に反して野党側が出した解散法案に賛成した。思想を問う法案でなく、単に自民党を揺さぶる為の法案に同調する自民党議員とは、うろたえるなんて生易しいもんでなく、血迷ったとか或いは反乱と言っても良いだろう。

 私から見れば、「うろたえたり、血迷う・反乱する自民議員」は、同じ原因の結果と移る。原因としての根っこに有るものは、保守政党としての文化と伝統を尊重して政(まつりごと)を行うという本分を弁えてない事である。
 天皇陛下御即位二十年奉祝国会議員連盟は今年6月5日に発足した。その発足会に自民党の代表として挨拶した当時の伊吹文明幹事長は、憲法に明記された国の統一の象徴としての天皇陛下、そのご即位20周年を祝う事の大事さ、それは文化と伝統を尊重する事であり、「自民党は2年間に亘る奉祝行事を一生懸命に行います」と宣言した。そしてその一連の口明けというべき大事な式典が19日の中央式典であった。一生懸命にして出席したのが僅か2割がその例である。当の伊吹氏自身が出席してない。

 出席者158名の名前は前稿で掲載したので、今回は他国のお祭りは応援するが、自国の祭りは無視する議員諸氏を紹介したい。
 もう遠い出来事の様になってしまったが、北京五輪は僅か4ヶ月前の出来事であった。長野での聖火リレーや開会式を思い出すまでもなく、中国-中国共産党政府は五輪を自らの宣伝の為に利用した。チベットで反乱もあり世界中でそんな自国宣伝の為の聖火リレーに対して反中国感情が噴出した。その応援に国会議員239名もが超党派で名を連ねたのである。その239名の内自民党国会議員は147名も名を連ねた。方や奉祝に出席したのは104名である。

 更に分析を進めると両方を応援する議員が37名おり、差し引き110名もの自民党国会議員が、中国の政治宣伝に加担はするが、自国の政を応援してないのである。
他国に宣伝には協力する忘国の全国会議員諸氏の名前を、奉祝に出席した議員を除いて、記しておきたい。
 リストは衆参別に五十音順で記載した。
                       北京応援国会議員リスト
 そして上記のリストのうちの自民党議員諸氏衆参合わせて110名だけをリストにした。
反日を党是としている共産党や社民党と一部の民主・公明党議員を今更批判しても確信犯の彼らには、蛙の面に小便である。しかし文化と伝統を尊重する自民党議員には未だ期待が持てる。
今後国会陳情で議員やその秘書に会うときは、これ等の表を見てから行こうと思う。
そして言える機会が有ったら、ご即位の奉祝式典に出席して欲しい、と言いたい。
 以前閣僚であったり要職に付いた議員には目立つように赤字にした。
リベラル派と称される議員が多数いる。リベラルとは「何事にも囚われない結果としての自由」を言うが、彼らのリベラルとは、自己の為なら何でもする自由を意味しているようだ。
                              北京応援自民国会議員
 うろたえている、と森元首相は言うが、私には自民党としての本分を忘れ血迷っている自民議員、としか写らない。
私などの保守政権を求める有権者は、今どの党を選のが良いのか迷っている。日本国中が政治に迷っているのが現在の状況であろう。
森さん、嘆く前に奉祝国会議員連盟会長として、自民党議員が全員出るように促してほしい。
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

TBありがとうございました。
天皇陛下の御誕生日を心より御祝い申し上げます。

deliciousicecoffee | URL | 2008-12-27(Sat)02:35 [編集]


トラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

天皇誕生日、御祝いと感謝・75歳の誕生日を迎えられた天皇陛下に関する毎日変態新聞と産経新聞の比較・天皇がおわしますことの長所(メリット)・間接侵略に対する最後の砦・皇位継承を議論する時だ

↓忘れずに、最初にクリックお願いします。↓ 人気ブログランキング http://blog.with2.net/in.php?671525 天皇陛下は23日、75歳の誕生日を迎えられた。 「天皇誕生日」を紹介する毎日変態新聞と産経新聞の記事を比べると… http://headlines.yah...

正しい歴史認識、国益重視の外交、核武装の実現 2008-12-27 (Sat) 02:34


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。