日本の再生に向けて

戦後教育の洗脳から脱却する為に、近現代史を学ぼう

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

自民党総裁選挙 町村と林はに日中友好議員連盟の役員 公党の総裁の資格はない

  自民党総裁選挙 

       町村日中友好議員連盟の役員

             二人に総裁の資格はない


 「日中友好」は破綻した。尖閣が切っ掛けでなく元々「友好にはならない」、「友好にはなれない」日本と中華人民共和国であったが、それが尖閣を機に一気に噴き出したのだ。
その「日中友好」を信条として来た人達は出来もしない事をやり税金を使った、言葉は悪いがその通りであるので言うと「詐欺師」である。
 自民党総裁選挙候補者の中で、町村氏と氏はに日中友好議員連盟の役員を務めている。
町村氏は副会長であり、氏は事務局長である。
彼ら自身はその事を一言も言わないし、メディアも報じない。
 中華人民共和国と仲良くしたいとその政治信条を問うべきであろうし、やって来たことの「成果」としての現在の事態をどう評価しているのか伺いたい。
 そして「詐欺師」でないと自らを証明する責任があるだろう。

 自民党には他に日中友好協会会長の加藤紘一氏、江沢民万歳と「日中友好」を礼賛する二階俊博氏などの膏肓までに入った「日中友好病」代議士が沢山いる。
党首になる人は先ず彼らとは一線を画すべきであろう。

 「日中友好」について語らない町村氏と氏であるならば、公党の党首としても政治家としても失格であり候補を降りるべきであろう。
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。