日本の再生に向けて

戦後教育の洗脳から脱却する為に、近現代史を学ぼう

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

展転社裁判 その8 弁護士の経歴隠し

弁護士経歴隠し

 日本国籍を持たない弁護士が密かに生み出されている現実


 「社会正義を実現させる」弁護士の経歴が判らない事を前稿で書いた。所属する弁護士会に問い合わせても答えてくれない。明らかに見せない事に徹底している。

生年月日、本籍地、出身大学位は明らかにすべきであるのに判らないのだ。

 弁護士は日本国籍がなくても取れるようになった。民主党が政権を取った後の2009年11月からは日本国籍がない人が司法試験を受かれば司法研修を受けて弁護士になれることを認める事に変更した。

そしてこの経歴隠しである。つまり弁護士には被日本国籍の弁護士がいるし、外国のスパイが弁護士になる事も可能になったのだ。
この展転社裁判で支那人夏の弁護士である7人の法匪は、日本国籍を持つのか判らないのだ。確認も出来ない。
この非日本国籍弁護士が国籍条項のある検事とか裁判官には成れないのだが、弁護士資格を持つ事で国政・地方行政の調査権を持つ事が出来るし、弁護士という事で議会棟の審議会委員に選ばれる可能性もあるのだ。

 最高裁が管轄する司法研修所が国籍条項を外したのであれば、弁護士に対しての経歴公表を義務付けて国籍を明らかにさせるべきであろうし、根本的には民主党政権のこのような売国政策は即刻廃止されるべきである。

スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。