日本の再生に向けて

戦後教育の洗脳から脱却する為に、近現代史を学ぼう

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

支那産品を買わない、使わない、食べない

支那産品買わない使わない食べない運動を始めよう

 日本企業支那から撤退すべきである


 支那人を一言で言えば、「超自己中」である。道理、義理、掟・法律、社会奉仕(貢献)よりの何よりも「自己の利益、家族の利益」が最初にして最後であり、詰まり目的は利だけであり、その利の為なら道理も義理も欠く事を厭わない性格である。野菜、餃子、化粧品などを作って売れれば他人の被害などお構いなしである。

 それが嵩じて今回のPM2.5大気汚染だが、今回は自らもその「気」にあたった。天罰であるが我々は迷惑でありこちらの健康と命まで危なくなった。支那政府の言いぐさがすごい。曰く「世界の環境基準に則って規制をしている。原因は日本自身の排出だ」と。支那政府には現状を改善しようとする意思がない。

 私はこれまで日本の会社が作った支那産品ならば安心だと考えて、それらを買い使ってきた。支那食品は買わない食べない様にしていたが、外食では米・野菜等で紛れ込んでいただろうから受動的には食べていた。
しかしながら日本メーカーの支那産品であろうとも、その製品を使うことは、間接的に日本でのPM2.5を増やすことになるのだから、今後は:
 1.生産国が「中国」と記された製品は買わない使わない食べない
 2.生産国が書かれてなくて支那で作れそうな製品は、買わない使わない食べない
 3.外食でも、米、野菜、海産物で産地が明示されてない物、国産でないものは、買わない使わない食べない
 4.支那以外の輸入産品でも、原料の支那産品の可能性があれば使わない

とすることに決めた。

 支那で働いている日本企業やその社員に対しては申し訳ないが、残念ながら支那で製品を作ることは今回の健康被害で分かる様に、日本の国益を損ね、生命の安全を害す間接的な行為である。
日本の環境基準で生産している会社があるかも知れないが、系列や関係する会社までも基準を守っているとは思えない。そんな事をしたら競争に負けるだけだから。

 中華人民共和国政府は、旧ソ連と同じように環境基準を守らず、終には己を蝕むまでに社会環境を汚染した。
支那に居れば、日本との戦争の危険がありそれで人質になる危険があり、製品不買があり、そして社員の健康被害がある。これらの危険を考えると、支那でビジネスを行う理由はない。支那に進出している企業は支那から撤退する事が、会社と社員と株主に対してとる企業責任である。
日本企業が支那で生産することは、間接的に我々の生命を害することである。生産しない事で、我々の命を守れることである。
よって日本企業は支那より即刻撤退すべきである。
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。