日本の再生に向けて

戦後教育の洗脳から脱却する為に、近現代史を学ぼう

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

手塚よしお氏に一言

民主党前衆議院議員手塚よしお氏への一言

 手塚前衆議院議員の再起を期す会が4月18日目黒雅叙園で開かれる。会費は一万円と。

民主党落選議員の反省度は如何ばかりかと案内状を読むと、レッドカードを出した我々の投票を、「大変厳しいご審判を頂いたと受け止めております。」と。本当に反省しているのかと読み進めるとあにはからんや反省などなく、「本来民主党が果すべき役割とは何だったのか」と一気に民主党の「べき論」になり、「いま、日本の課題はどこにあるのか」と、自分の課題を差し置いて「日本の課題」が何だったのかと恍けた(とぼけた)。

そして民主党の果たすべき役割と日本の課題に関して皆さんから意見を頂きたい、と。(「今回、そのさまざまな課題に対して、皆さまからのご意見を頂くことで、まだまだ若い手塚君の再起につなげていけ考えております。」)

「意見を頂く」のに「一万円を払え」?????

 「一万円払えば意見を言わせてやる」とか、「一万円払えば(手塚の)意見を聞かせてやるか」なら論理が成り立つが、「一万円払えばご意見を頂いてやる」では、???だし、手塚氏は「何様」何だと言いたくなる。

「代議士先生だから会うだけで有難く思って一万円払え」の根性が垣間見えないか。

 有権者もあなたを少しは知る人も今あなたに求めているのは、反省です。
それも「有権者が(厳しい審判を下した)」と言うあなたの上から目線で「有権者(国民、自民党)が、、、」の他人のせいにするのではなく、あなた自身の政策、政治信条を反省することです。
我々はあなたの政策信条民主党政権で実行できなかったその実行を文句言うのではなく、政策信条に対して拒否をしたのだ。
寧ろ民主党政権が、「外国人参政権)や(偽)「人権擁護法」を実行しなかったことは不幸中の幸いでありそんな無能な民主党政権を評価している。

 国家経営、国家経済、国家安全を語らず、日本国の国益を考えずに支那朝鮮に阿った民主党の政策とあなたの信条政策の関係を語り、反省点を有権者に語る事が、あなたの再生の第一歩ではないか。
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。