日本の再生に向けて

戦後教育の洗脳から脱却する為に、近現代史を学ぼう

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

明日投票日

参議院議員選挙 東京地方区

 東京地方区に「無所属」を標榜する候補者がいるが、「ムショ ゾク」の人たちではないかと勘違いしてしまう。

 その理由は、東京都には1万4千箇所の掲示板が設置される。公示日その日中に全掲示板にポスターを貼り切る為には、地元に貼る人だけでもざっと計算して300人から500人が必要である。これは貼り子だけであるがまとめ役の人がその倍の数必要で、千人近い組織でなければ出来ない。
千人近い組織を公示日の平日に動かせる組織とは、それは自民、民主、公明などの党組織である。

山本太郎候補は、無所属でありながら公示日にポスターを張り終えた。
どの組織が動いたのか?

彼は「無所属」と「今はひとり」を標榜している。仲間の芸人が応援しているようだが、「組織」については一言も言わない。隠していると言える。言えない組織だから隠しているのだろう。
その組織は、広告塔としての彼を利用しているだけではないだろうか?

山本太郎候補は、誰が1万4千か所のポスターを貼ったかを言うべきであろう。

「今こそ、本当の事を語って」ほしい。
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。