日本の再生に向けて

戦後教育の洗脳から脱却する為に、近現代史を学ぼう

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

第23回参議院議員選挙 総括 愛国政党と反日政党の戦い

第23回参議院議員選挙 総括 愛国政党反日政党の戦い

 参議院議員通常選挙の戦いが済んで2週間が過ぎたが、その選挙の総括をしてみたい。
自公民の圧勝だの日本共産党(日共)の躍進や「デタラメ太郎」が当選したとマスコミは囃しているが、未だ本質的な総括をしていないように思う。
むしろ明後日の方向に持って行こうとするマスコミや一部の「知識人」の隠れた意図を感じるのは私だけであろうか。

 そのマスコミが曰く、「与党圧勝で独裁的な政権運営が怖い(野党、少数者の意見も聞くべきだ、と言う事だろう)」、「日本共産党の躍進は今後の政局運営での台風の目になる」(???)、「安倍政権を周辺諸国は右傾化とみている」(???)、「無所属の新人'太郎’」(?)、「反原発を唱え無所属で当選した'太郎’」(?)、等などがそれである。
それぞれに言ってやりたい、「多数派の意見を無視するな!」、「日共は無視!」、「周辺諸国?どこ? 支那と朝鮮だけでしょう、無視!」、「極左を無所属と呼ぶの?」と。
「デタラメ太郎」の後ろには組織がある事は明白で、それはこのブログで述べたので繰り返さない。

 では日本共産党は躍進したのだろうか? 違うでしょう。
他党の死屍累々の中でその死肉を食べて生き残った党を躍進とは言わない。菅直人が衆議院選挙で敗者復活当選したのを、「菅直人の勝利」と言わないのと同じである。

 その日共が勝ったのかを検証するために、日本の政党を愛国と日共の様な反日政党とに分け、それぞれの得票数・得票率を纏めてみた。
愛国政党とは、自民、維新あり、反日政党とは改憲反対(護憲)、自虐史観、支那・朝鮮との友好を第一とする党である。
以下の画像ファイルに過去3回6年間の参議院選挙での各党得票数と得票率を集計してグラフ化したので、見て頂きたい。
第23回参議院選挙 纏め


 このグラフをみてお分かりのように、参議院選挙の結果からは次の事実が浮かび上がる:

 1.反日系党は6年前は多数派で52%を占めていたが、3年前にほぼ拮抗し、
   現在は少数派に落ちたが、それでもほぼ1/3を占める。
 2.愛国系政党は6年前の1/3の少数派から現在は6割近くを占める多数派
   に変わった。
 3.6年間で愛国系と反日系の立場は丁度逆転した。
 4.反日系は6年前と比べ1千3百万票を減らし一方で愛国系は丁度その分 
   を増やした。反日系では日共だけが得票を増やした。
   日共は6年前に比べ50万票を増やしたが、民主は1/3の千五百万票、社
   民が1/5の百万票をそれぞれ減らした。両党の減り分の極々一部が日
   共に流れたと推測するのが妥当であろう。
 5. 議員数で愛国系は2/3に達していないが、得票数でも2/3に達してない。

 日共が友であった反日同志の「死屍累々」の上で勝った勝ったと浮かれてダンスをしているのがお分かり頂けると思う。
自虐史観の典型たる「従軍慰安婦」で攻撃されて落選した岡崎トミ子、は正にその「死屍」であり屍であった。
「慰安婦」に国家としての謝罪をさせ税金から金銭援助をする法案をずっと提出していた議員はこの6年間で軒並み落選した。
千葉景子、円より子、岡崎トミ子と。残るは裁判訴訟を指揮した福島瑞穂だが、こちらは党自体が消滅であろう。
貶められた軍人の祟りでもある。

 この参議院議員選挙の結果に愛国は浮かれてられない。菅直人をみれば判るように、反日は狡いししぶとい。殺しても死なない動物と思ったほうが良い。次の衆議院、参議院選挙では愛国系が得票数でも議員数でも2/3以上となる様に、今から選挙準備をしようではないか。
 2/3にするには、自民党だけでは足りないし、自民単独で2/3になる事をあり得ないし、自民党とは河野洋平を生み出し、野中広務を、小沢一郎を、鳩山一郎を出した党で、その末裔は未だ自民党にリベラル派、宏池会、として存在している。
愛国保守で反自民を基本に是々非々で自民と共同しそして戦う政党と人が必要である。
その適材人材発掘、広報活動、選挙組織の確立と事前の実際活動による慣らし、選挙資金の準備等がある。3年間と言っても時間に余裕はないだろう。

 加えて愛国系がバラバラで戦ってはダメだろう。愛国保守統一戦線を組んで綱領を作り統一候補を立てることで勝てるのでないだろうか。

 今坂本龍馬が求められている。

 出でよ坂本龍馬よと夢や希望を言ってもしょうがない。

田母神さんあたりが纏めてくれないだろうか。候補に一色正春さんなんて統一候補としては適任ではないだろうか。今回東京と地方区から出馬した鈴木信行さんもその候補ではなかろうか。
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。