日本の再生に向けて

戦後教育の洗脳から脱却する為に、近現代史を学ぼう

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

「吉見中大教授による慰安婦=性奴隷」捏造裁判 第一回口頭弁論

吉見中大教授による慰安婦性奴隷捏造裁判 第一回口頭弁論

 今週月曜日16時から東京地裁で題記裁判の第一回口頭弁論は最初からホットであった。

 先ず傍聴人だが、当日は百名を超える盛況で、傍聴出来たのは96名で20余名の方は法廷に入れなかった。
傍聴人は盲目左翼系の人が殆どであった。展々社裁判とは比べて保守系の人は見えなかった。
「盲目」と言ったのは、待っている間にあちらの人は仲間が大勢来ている所為か騒々しく大声で話すので、聞き耳を立てなくとも、聞きたくなくとも、聞こえてしまうのだった。彼らは心置きなく話していた。曰く「橋本め」、「石原め
」、「維新め」であり、「従軍慰安婦は存在した。日本軍人は認めている。何故否定するのだ」(?)と言った与太話であった。
 隣に保守系というかもう少しまともな人がいるなら、意見を交わしたかったが如何せん多勢に無勢、さわらぬキチガイに祟りなし、で黙っていた。

 そして裁判そのものもホットであった。第一回の初めての口頭弁論は訴状内容の確認と被告人の意見確認と今後の裁判方向を確認する事務的なやり取りとなるものだが、吉見氏が冒頭から論争を仕掛けてきたのだ。彼が裁判をする目的は明らかで、裁判で「軍慰安婦」と「性奴隷」の固定化だが、この日は大勢の味方の前で大見得を切って良いところを傍聴人に見せ、裁判長に威圧をかけようとしたと思われる。
しかし桜内氏側は本人と高池弁護士以下が、吉見中大教授の「捏造の事実」、「提訴自体の不当性」、「名誉棄損に該当しない提訴」を理路整然と述べて、吉見中大教授の暴論を論破した。

 裁判長がこの論戦に加わり、論点整理をした。おかしな裁判長ではないようだ。

次回公判は12月11日(水)午後(時間は別途決定)となった。次回は日本の名誉を守る人たちが多数傍聴する事を期待したい。

裁判後桜内代議士・弁護団は記者会見を開いた。
発表された報道向け声明は、素晴らしい内容なので一部を掲載し、全文は
 https://j-ishin.jp/legislator/news/2013/10/08/%E7%AC%AC%E4%B8%80%E5%9B%9E%E5%8F%A3%E9%A0%AD%E5%BC%81%E8%AB%96%E3%83%8B%E3%83%A5%E3%83%BC%E3%82%B9%E3%83%AA%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%82%B9.pdf

を参照されたい。

 桜内文城・衆議院議員は、日本国および日本国民の名誉と尊厳を守るため、 「慰安婦=日本軍の性奴隷」という虚偽を世界に発信している吉見氏の讒訴を法廷で粉砕します。
原告の吉見義明氏は、
 ①慰安婦は日本軍の性奴隷であり、
 ②日本政府の責任は明らかであるから、
 ③日本政府による明確な謝罪と賠償を求めると主張する活動家の理論的支柱ともいえる存在である。

 ◆ 吉見氏は、自著の英訳本「慰安婦:第二次大戦における日本軍の性奴隷」の出版により、自らが編纂した資料集等に示されている歴史的事実に照らしても、慰安婦が国際法上の「奴隷」または「性奴隷」の定義・要件に該当しないことを熟知しながら、その「事実に対する評価」の段階で自らの政治的主張を潜り込ませることにより、「慰安婦=日本軍の性奴隷」という虚構の事実を捏造し、事実と見せかけて自らの政治的主張を世界中にまき散らしている。かかる吉見氏の主張と行為は、日本国及び日本国民の名誉と尊厳を故なく毀損するものであって、断じて許す訳にはいかない。

 ◆ 本裁判における吉見氏の目的は、日本の司法・裁判所に「慰安婦=日本軍の性奴隷」という虚構の事実を認めさせることにあるのは明白である。本裁判は、被告とされた桜内文城・衆議院議員一人の闘いではない。
日本国、そしてすべての日本国民の名誉と尊厳を守るための闘いである。


ーーーーーーーーーーーーーーーー

 諸君、この吉見死との闘いに加わり、吉見死との闘いに勝つことは、桜内代議士をそして日本維新の会を援ける事けが目的ではない。

 この裁判に打ち克つことは:

 日本国の名誉を守りそれを勝ち取る闘い

  であり、ひいてはそれは:

 ・打倒吉見
 ・打倒中央大学反日教育
 ・打倒媚韓国日本人
 ・打倒捏造歴史認識


であり、
 
 -正しい日本人の歴史認識獲得であり
 -正しい東アジア歴史認識であり
 -正しい支那朝鮮人認識でもある。



スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

| | 2014-04-11(Fri)11:16 [編集]


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。