日本の再生に向けて

戦後教育の洗脳から脱却する為に、近現代史を学ぼう

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

吉見義明 中央大学商学部教授

中央大学 吉見義明商学部教授

     あなたの「心」を他国に売る売国奴



 「従軍慰安婦」や「性奴隷」なる嘘を世界中にばらまいている人-吉見義明氏が中央大学で教鞭をとっている。

吉見氏は教えている内容を、中央大学のHPやキャンパス情報(http://campus.nikki.ne.jp/)で以下に纏めてみた:

 吉見義明
 
  1946年生まれ
  (どこで生まれたかは不明、生育地も不明)
  1970年、東京大学文学部国史学科卒業
  1973年 東京大学助手
  1976年 中央大学講師 (どの教授の引き?)
  1977年 中央大学助教授
  1988年 中央大学教授
  現在:67歳 中央大学商学部教授
     担当科目:-歴史学 Ⅰ、Ⅱ
          -総合講座1 第2次世界大戦と「戦後責任」
          -経済史ゼミ
   
  大学の授業について学生の感想:
   ・単位は簡単に取れる
   ・プリントで授業(教科書を使わないようだ)
   ・何故商学部で歴史学なのかなのか不明
   ・テストは簡単。一夜漬けでもOK
   ・テストはカンニングが横行
   ・テストは従軍慰安婦について書くことが必要

  「経済史ゼミ」についての学生の感想
   ・楽勝のゼミ。やる気のない人にはお勧め。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 学生の感想からは、吉見氏が「従軍慰安婦」をテーマとして授業を行い、持論である嘘の「従軍慰安婦」「性奴隷」を吹聴していることが伺える。
そして単位が採り易く、吉見氏の持論を言えばパスとなるらしい、安っぽい授業である事も伺える。
正に安物買いの銭失いを地で行く「安物講義の心失い」ではないか。
 国を愛する心、サムライの心、ご先祖を崇拝する心、歴史を糧とする心、事実に向き合う心、等の「心」を失くすのが「従軍慰安婦」にはある。

 日本人に「従軍慰安婦」を認めさせることで、「永遠に韓国に謝る心」、「日本・サムライ(軍人)・先祖を軽蔑する心」、「(現実でなく)妄想と幻想を尊重する非論理的な心」を韓国は植え付けようとしているのだ。
これは心に対する侵略である。
竹島の領土侵略に続く「心の侵略」である。

 「従軍慰安婦」の捏造に加担している人達は、日本人の心を他国であり周辺国であり侵略国の韓国に売り渡そうとしているのであるから「売国奴」である。
こんな嘘つき教授を放任している中央大学本部と商学部の見識を疑うが、吉見氏が教授になった1988年から既に25年も放任して来たのだから、自浄は期待出来ないだろう。
 譬えて言えば、生徒には欠陥商品を堂々と売り、一方で日本国を敵国韓国に売ってっている様なものだ。今の大学には欠陥の「恐れ」があっても、「学問の自由」を盾に欠陥教授に対して注意も忠告も出来ないのであろうし、ましてや免職することさえ出来ないのだろう。
そこのけそこのけ欠陥売国教授がまかり通る日本である。

 こんな嘘つき人の歴史をこれまで学んだ学生と卒業生に同情は禁じ得ないが本人の為に忠告したい、吉見氏によって洗脳された脳を一刻も早く除染しなさいと。
 オウムを見ても中島知子をみても洗脳された頭を除染するのは簡単ではない。本人が気づくのか一番であるが、「日本軍に強制された従軍慰安婦が存在する」と信じている人は洗脳されている・洗脳されているかもしれない、と考えて自分で調べるなり友達等から色んな意見を収集する事だ。

 中央大学の学生とこれから学生になるかも知れない若者に忠告する:
  1.中央大学商学部では歴史学と経済史ゼミを取るな
  2.科目選択の基準の一つに「教授が反日でないか」を加えないさい

 私の経験から言うと、科目選択は自分の興味とか、「単位を取り易い」を基準にしてしまいがちだ。それだけでなく「先生は反日でないか」も検討項目の一つに加えて欲しい。
「反日」と分かっていながら科目を選択し、その反日が正しいのか、間違っているのか、を見極める受講態度を否定はしていない。
  

スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。