日本の再生に向けて

戦後教育の洗脳から脱却する為に、近現代史を学ぼう

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

世にも不思議な日本の弁護士

世にも奇妙な日本の弁護士

 中共(中華人民共和国の略称)の三中全会(第3回中央委員会全体会議)が終了した。
三中全会とは、中共(中国共産党の略称)の幹部(204名の中央委員と167名の中央委員候補で合計371名)が北京に集まって三泊四日の合宿会議で、今後5年間・10年間の中共国の方針をけ呈する会議である。

 何故第三回の中央委員会全体会議が注目されるとかと言うと、これまでの政権(皇帝と置き換えれば判りやすいだろう)が三中全会で方針を決定しそれを実行してきたからだ。
昨年11月に発足した中共王朝第18期習近平皇帝の三中全会が昨日閉幕したこの会議で、それだけ重要であるから会議前には天安門前車炎上や山西省共産党ビル爆破が起こったのだ。

しかし乍ら終わってみれば耳目を集める新政策は決定されなかった。

 共産党独裁国家は何ら変わらなかった。国家の大改革‐特にと司法の改革が期待されたが、はそのまま共産党の私兵であり、裁判所‐司法も共産党の支配下の儘である。
今後5年間或は10年間は、参政権も、三権分立も、国や文民統制も、司法の独立も、言論の自由もなくその議論するしない中共国である事が確定した。
中共独裁国家万歳と叫んで閉幕したと言って良いだろう。

 この中共国を「司法の独立」と憲法に明記されているから、中共国では裁判所は行政権より独立しており、だからその判決は日本で執行を認めるべきだ」と断言して支那人嘘つきの代理人として日本人から金を毟り取ろうするとする弁護士がいるのだ。本ブログでその裁判の傍聴記を書いている展転社の裁判での日本人弁護士達がそれで、彼等は法律を悪用して嘘つきと組んで善良な人から金を毟り取る強盗弁護士だ。「法匪」が言葉が相応しい弁護士達である。
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。