日本の再生に向けて

戦後教育の洗脳から脱却する為に、近現代史を学ぼう

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

JapaneseOnlyの意味

Japanese Onlyの意味

 「Japanese Only」と言ってサポーターの属した浦和レッズが叩かれている。無観客試合だと言って、あの無法国家「北朝鮮(無残人民共和国」と同一視している。マスコミは騒ぎ過ぎだし、日本サッカー協会も処罰が浦和レッズに対する処罰も重すぎると思う。サポーターだろう、ある程度の責任はあるだろうが、連帯責任としては重すぎると思う。

 日本サッカー協会は、ロンドンオリンピックで韓国チームが日本に勝った後に「竹島は我が領土」のプラカードを掲げて場内を行進を許した韓国チームに対してクレームをしただろうか。
目の前で政治的主張をやられて怒っただろうか。言われっぱなし、されたい放題の情けない協会が、身内にはえらい厳しい制裁ではないか。

 この表現でマズかったのは、英語で言った事だ。
排外主義とられてしまった。親日の外国人は沢山いるし、浦和レッズのチームに外国人選手はいる。

 そして日本のマスコミが何故か過剰に反応した。ルーピー(間抜けの)鳩山は「日本は日本人だけのものではない」と発言した。彼はNot Japanese only」と、単にnotを付け加えただけだが、一方は非難され一方は非難されない理由が判らな。
マスコミは、選挙権も被選挙権も公務員も外国人に渡すべきと考えているようだが、それで良いのか。

 日本は日本人の土地であり故郷であり、選挙権も日本人だけのものである。それは我々の社会であり文化共同体を営む社会を壊してまでよそ者に譲る必要はない。
我々の社会は世界を見渡してもこんな安全で住みよいところは「無い!」、と断言できる。

 テレビで「You、何しに日本へ?」と言う番組をやっているが、日本の文化を愛している人達が日本へ来るのは我々は歓迎し称えている。日本人は排外主義者ではない。
しかし、日本を貶め、我々の歴史と文化を貶す支那・朝鮮人がお断りであり、そんな人間を我々の社会の一員と見做して選挙権を渡す事等、日本文化破壊行為ー自殺行為以外の何物でもない。

 この「Japanese Only」が何か我々が持つ潜在意識を醒まさせたのだ。
親中韓のマスコミもこの「日本人以外お断り」に反応したから、しつこいほど取り上げるのだ。

 その醒まさせた潜在意識は何だろうか。
それは、日本人以外の「全ての外国人はお断り」ではなく、日本人に今や日本人が一番嫌い、似て非なる「真の日本人以外の反日日本人・反日支那人・反日朝鮮人 お断り」が言いたかったのだ。

 「朝鮮人・支那人」を正確に言うと、反日を国是とする中華人民共和国の人民と大韓国・朝鮮人民共和国のである。
正式な国名と見ると、どの国にも「民」がある。英語で言うと「people」であり、「nation」(国民)ではない。
そう民度が国家の品格になるのだが、揃いも揃って民の教育・教養度は無残である。
「中華・朝鮮無残人民共和国」、「大韓無残民国」と呼ぶ理由だ。

 では、どう表現すれば良かったか。
以下であれば、皆さんの賛意を得たであろう:

  「反日国家 支那朝鮮人来るな! 寄るな! ここは日本だ!」

  「日本嫌いな人 お断り」


 
 これならば、日本語で大声で堂々と言えたのはないか。 
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。