日本の再生に向けて

戦後教育の洗脳から脱却する為に、近現代史を学ぼう

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

韓国での船沈没事故 嘘と捏造の成れの果て

韓国での船沈没事故 嘘と捏造の成れの果て

 今回の珍島沖合でのフェリー船沈没事故の犠牲者とその遺族の方々には哀悼の気持ちを捧げる。

以下に今回の人災事故についての感想と意見は己への戒めであり、この事故を機会に改めて見直した韓国観である。

1.韓国韓国人には「土留め」がない
  これは1997年のアジア通貨危機の際に国家レベルの金融を運営・管理するその筋の偉い人に教えて貰った言葉である。
 私は金融関係者ではないので、「土留め」を聞いたその当時は、何故金融と土木関係の工事用語が関係あるのかわからなかった、が、その後少しは知恵がついてその人の言った意味が判るようになってきた。
 「土留め」を別な言葉で言うと、危険管理(リスク マネージメント)であり、保険であり、危機管理(クライシス マネージメント)の言葉に相当する。
 「いざ」と言う時に備え、最悪のケースを想定し、その最悪を避ける為に予め対策を立て事前に出来る対策は取っておく考え方である。「予防保全」である。「保険」を掛けたりと「事故が起こる事を想定」し、その損害負担を最小化しようとする考え方である。
 「土留め」の考え方は、イギリス人・アメリカ人・ドイツ人には理解されるが、アジアでは(手前味噌のようであるが)日本人が一番持っているのではないか。

 この「土留め」と反対にあるのが韓国の「ケンチャナイヨ」(どうにかなるさ)である。新朝鮮文化の人達をこの「ケンチャナイヨ」を、彼等の積極果敢な精神と称賛するが、それは詰まる事「土留め」の反対である事の証である。
 彼等の「ケンチャナイヨ」精神が仕事でマイナスだった事を幾度かあった。例えば難しい値段交渉で、こちらは韓国人が落し所を考えて値引き交渉をしていると当初は思っていたが、それではキリがなく何時までも永遠と思える位に値引きを要求するのだ。
しかし彼等は「落とし所を持っていない」、詰り交渉の原則や方針を持っていない、と判ったら簡単であった。値引かなかければ良いのだ。真面目に交渉に乗るから長引くのだ。それが判ったら後は根気比べであるし、結果は納期と言う武器を持っているこちらの値引きなしの交渉決着であった。

 今回のフェリー事故なぞは船の出航から沈没まで、全てと言える程の「土留め」外しであった。貨物・乗客の過積み、貨物・自動車等の止め落し等々の諸々の「土留め」外しが重なって、人災事故になった。その裏には「少々多く積んでも大丈夫」、「事故なって起こりっこないよ」の「ケンチャナイ」精神が窺える。

2.国も民族も統合失調症
 「従軍慰安婦」での韓国人・大統領・政府・裁判所・憲法裁判所の行動を観ると、彼等は眼前に厳然とある現実や事実と向き合うことなく、考えや願望が何の拠もなく正しいと考え実現できると言う妄想にとり憑かれていると考えていた。現実や事実と違うのだからこれは或る種の精神病ではないかと考えていたのだが、それが今回のフェリー事故で統合失調症-精神分裂病である、と認識した。
 一部の特殊な国民や政府や裁判所裁判官が病気かと思ったら、皆なんだと納得した。

 事故現場は異常である。船が傾きだしてから何の対策が為されぬままに船は沈没し、船長以下船の運行乗務員は全員逃げ延び、罹災者家族は興奮し大統領に罵声を浴びせ、首相に水を掛ける、警察官に殴り掛かる、のしたい放題である。泣き喚き感情に任せて行動する様は人間の顔をした動物である。何故なら動物は我慢が出来ない、辛抱が出来ない。
そして愉快犯と火事場泥棒が跋扈しているようだ。フェリー船内生存者を騙ったメールが親元に届き、救援物資等に火事場泥棒が横行する有様である。
 でも現実にある沈みゆく船とその中に残っている乗客の大多数には、対応がされない儘に、船は沈み残った乗客は行方不明者の儘に絶望の事態となった。
 政府が悪い、警察が悪い、船長が悪い、船員が悪いと罵る声、罹災者家族のマイクを使った泣き声、忽然と現れた坊主の読経(だろうか?)だけが聞こえる現場の様に中継画面を視る。
 根拠のない希望だけを頼りにするから、政府発表が事実と違う-嘘となり、現場はますます混乱の極みとなる。
 
 それは「従軍慰安婦」と言う妄想をみんなで信じ合い、みんなで日本に謝罪出来ると言う幻想を抱いた大韓民国と韓国民の集大成-成れの果てが、珍島の港と沖合で繰り広げられている。
ーーーーーーーーーーーーーー

 「精神病」の人に向かって「間違っている」とか、「事実はこうだ」と言っても時間と努力の無駄だし、却って一方的な「ご高説」を垂れられるだけであり、下手をすると刃傷沙汰でこちらが命を落とす事に成る。その精神病患者は「刃物」を持っているし、将来は核兵器を搭載した「飛び道具」までも持つかもしれないのだ。
 
 今我々がやる事は、朝鮮人に説教をする事でも、彼等と「日朝・日韓友好」の話をする事でも、ましてや朝鮮人の言い分をお聞きする事でもなく、「○○○○が持つ刃物飛び道具」を如何に取り上げるか、どう対抗するかである。ソウルや平壌から東京まで1500キロ弱、福岡まで500キロで、ミサイルならばそれぞれ10分、3-4分で到着する。専守防衛では対抗出来ない事態だ。
日本には核武装と朝鮮半島監視衛星が必要だ。
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。