日本の再生に向けて

戦後教育の洗脳から脱却する為に、近現代史を学ぼう

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

朴槿恵大統領はジャンヌダルク気取り?

産経新聞ソウル支局長起訴

          朴槿恵大統領はジャンヌダルク気取り?



 朴大統領が名誉棄損されたと訴えたその「名誉「とは、闘う聖少女ジャンヌダルクのイメージを日本で毀損されたからではないだろうか。

 何事にも日本の評判を気にし、日本の在日であり「親韓国派」に評価を気にするからこそ、①日本人によって②日本で➂その名誉を穢されたから、立腹し起訴したのではないだろうか。
 3つの条件が重なったから起こったのだ。
 だから韓国人が書いた元記事の記者も新聞社も訴えられないのだ。

韓国を工業国にした父、日本軍人の父、その尊敬する父と同じように韓国の為に尽す朴槿恵大統領、向かう敵と女手で立ち向かう韓国ジャンヌダルク-朴槿恵大統領、そのジャンヌダルクが求められた闘いに出向かず、男と7時間も密室で会っていた、と書かれては、腹が立ったであろう。

 この記事が支那人や米国人やイギリス人で書かれそれぞれの国で報道されたのであれば問題にはならなかったろう。事大主義もあろうが大したことではないからだ。日本人に言われ、日本で報道されたことが腹の立ったのだ。

 産経新聞が狙われたとの理由も説得力を持つが、ジャンヌダルクの名誉棄損も理由の一つではないだろうか。
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。