日本の再生に向けて

戦後教育の洗脳から脱却する為に、近現代史を学ぼう

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

不思議な言語感覚

不思議な言語感覚
       「粛々がお嫌?」
            生活保護県知事がまた集り


 菅官房長官と翁長沖縄県知事の「会談」が行われた。
翁長氏は菅長官の「粛々と工事を進める」の「粛々」の言葉を取り上げて、「上から目線の言葉」だと噛み付いた。

 この一言でこの人は左翼系脳細胞の持ち主である事に気が付いた人が多いのではないだろうか。
「言葉狩り」、「勝手な根拠のない決め付け」、「私は下-被害者偽装」が見え見えである。

 そもそも何で一知事が官房長官と「会談」が出来るのだ。国政と県政を担う人が「会談」を持つこと自体が翁長氏の国政無視-沖縄県のエゴ剥き出しではないだろうか。

沖縄の置かれている状況で国政に寄与出来るのは基地位しかないではないか。
「基地が~」と言って産業を振興しない、働かない、のが沖縄であり、収支勘定から見れば沖縄は国から援助を受けている県-生活保護県である。
何故防衛産業をベースに産業を振興しないのか。「集り(たかり)の名人」と言われて感情的な反発しかできなかった沖縄、自分の姿を鏡に照らして観よと言いたい。

 その生活保護県沖縄が、米軍基地反対と騒いでいる。文字通りキチガイである。
県外の人には「また集っている」としか観えないのを、心ある沖縄県民は薄々知っているであろう。

その心ある沖縄県民よ、立て、
  そして集る人達を基地外へ、
     県外へ、日本外へ、
        集りの母国支那・朝鮮へ追い出そうではないか!
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。