日本の再生に向けて

戦後教育の洗脳から脱却する為に、近現代史を学ぼう

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

未だ「安酒」を飲んで事実に恥じない人-村上春樹氏

未だ「安酒」を飲んで事実に恥じない人
  作家 村上春樹


 同氏についてはこのブログの平成25年(2013年)3月6日に 『「安酒」を飲んだ人』と題して書いたが、どうしたものかそのノーベル文学賞候補作家は悪いに未だ醒めてない様だ。

 同氏は2年前の尖閣諸島を巡る日本の国を愛し憂える人々に向かって、「安酒の悪い」と断じて自重を求めた(朝日新聞への寄稿文)。それに対し2年前の当ブログで、「あなた(村上氏)こそ安酒を飲んでせいだろうか、事実を直視しないでってますよ」と、意見した。
 それから2年経ったがご自身が反省しないどころか、今度は「謝罪は恥ずかしいことじゃない。日本人は韓国の国力が上がって、自信を喪失したから率直に受け入れてないだけ」と断じて、8月に出されるであろう安倍談話を意識して韓国への謝罪を求めた。ご自身が謝罪をする事はなさそうだ。

 先ず私が「謝罪」しなければならない、村上氏に「あなたこそ安酒を飲んだ」と断じた事に。
何故なら3年間もいが効く程の安酒ではない高級酒をお飲みになったのだから。だが悪い「い」であった。
尖閣の問題と同様に、今回も事実を直視てしていないから、それは悪いである。
 韓国が日本を非難しているのは事実であるが、その非難そのものを事実であるかどうかを問わずに検証もせず、何故謝罪するのか?
 村上氏は世にある酔うと何処でも誰にでもぺこぺこと頭を下げて「すいません」、「すいません」と言う”謝り上戸”ではないか?大作家とあろう方が見苦しい。

 慰安婦問題がその一例で、韓国政府と韓国人が非難しているのは事実であるがその非難の根拠は?と問われた韓国は応えていない。最近では「強制連行は無かったが、慰安所で奴隷的な扱いを受けた」と言い換えだした。それは朝日新聞の屁理屈と同じである。では「奴隷的な扱い」とは何ぞや? 「奴隷的扱いの具体的な証拠は?」と訊いても相変わらず「元慰安婦の証言」である。
証言を検証なしで事実と認定するならば、世の中に偽証罪は存在しない。ましてや偽証大国を誇る韓国人に言うのは釈迦に説法であろう。

村上氏よ、作家であるならば言葉が命ではないだろうか。
ノーベル賞候補作家と言われる貴男に言うのは「恥ずかしさ」を感じるが、敢えて言う、村上氏よ事実を直視する事は:

 
 
 恥ずかしい事じゃない

   過ちを改める事も恥ずかしい事ではない、

      しかし酔って無暗矢鱈と謝るのは恥ずかしい事だ !!!
 
思い付きの、思い込みを基にした説教は止めて欲しい!!! 
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。