日本の再生に向けて

戦後教育の洗脳から脱却する為に、近現代史を学ぼう

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

小沢国会議員

小沢国会議員の壊し屋本領発揮

 小沢民主党代表辞任の記者会見をテレビ生中継で見たが、反省の色なし、説明責任なし、で、有ったのは中身の無い言葉だけだと感じた。
2日後に控えた自民党麻生首相との党首会談をすっぽかし、その謝罪もないし、一体全体記者連中は日頃の威勢の良さはどうしたのかと歯痒かった。

 国民の批判から身をかわして政権交替を訴える論理的おかしさ、西松献金疑惑の説明は? 党首会談は? (自分の時は党首選挙をやらないで)何故後継者には選挙を求めるのか? 党に迷惑をかけたのか? 西松問題は国会議員としてのけじめのつけ方ではないか? 民主党には政権担当能力がないといったが今はあるのか? 等など我々が聞きたいことをちっとも質問しない記者連中を、「へっぴり腰」と思ったのは私だけだろうか。
 読売テレビの女性記者が最後になって民主党離党や国会議員の辞任を言い出したが、彼の恫喝に二の矢がなかった。男共はどうしたんだ、弱虫野郎め、と言いたい。

 拙稿で述べたように、彼は予想通りに党首を切って、国会議員のカードを捨てなかった。
そして政権交代とお題目を立てて、“殉教者振り”を見せた。
己の国会議員としての資質の問題をかわす為に、国策捜査と言い、今は政権交代と言って問題を政局にすり替えようと必死なのが透けて見えてくる。
でも我々はそんな彼の猿芝居を疾うにお見通しで、知らないのは、君一人(独り)ならずや?!

 民主党首を切り、是まで助けた鳩山や党首会談を約束した国会対策委員長を切り、切って切って自分のみの生き残ろうとする男、「私の生活が一番」の信念を「田舎物の頑固さ」(彼自身の言葉)で貫き通す男、民主は未だ壊し甲斐があると思っているので、これからも作っては壊す「壊し屋」の本領を発揮するだろう。国旗と国歌でさえ党論が纏まらない民主が壊されるのは日本の為に良い事だ。

 彼を破壊専門の政治屋として使っても良いが、
        日本のリーダーにしてはいけない。
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。