日本の再生に向けて

戦後教育の洗脳から脱却する為に、近現代史を学ぼう

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

NHKは変われるか?

抗議を受けたNHKは変わるだろうか?

4月5日に放送されたNHK総合テレビで「NHKスペシャル シリーズJAPANデビュー 第1回『アジアの“一等国”』」が今問題になっている。放送以後のこれまでの経過を以下に纏める:

4月5日(日) NHK総合テレビで「NHKスペシャル シリーズJAPANデビュー 
         第1回『アジアの“一等国”』」を放送

4月10日(金) 日本李登輝友の会(小田村四郎会長)が福地茂雄NHK会長宛てに内容が
         偏向していたとして、抗議声明を出す

4月18-20日 桜チャンネル台湾取材

4月22日(水)桜チャンネルでNHK取材手法等の偏向報道振りを放送する

4月23日(木)自民町村派総会 NHKのジャパンデビューの偏向性が問題となる

4月28日(火)自民党議員連盟「日本の前途と歴史教育を考える議員の会」
       (会長・中山成彬元文部科学相)が福地茂雄会長宛てに質問状を発送

4月28日 公開討論を申し込んでいた日本李登輝友の会へのNHKの回答
     「私たちは番組内容が偏向していたり、事実関係に間違いがあるとは考えていません。
     そのため、『番組を検証する』必要はないと判断しており、『公開討論会』の要請には
     応じかねます」
     (回答者:NHKジャパンプロジェクト エグゼクテイブプロデューサー 河野信洋)

5月11日(月) NHKが「日本の前途と歴史教育を考える議員の会」(会長・中山成彬)宛て回答
       回答者:同 河野信洋「偏向していない。」

5月14日(木) 福地会長記者会見での発言要旨
         「番組を見たが、当時の日本が台湾で行った良いところをいくつも取り上げていた
         し個人的には内容が一方的だったとは感じなかった。
        インタビューを偏って編集した事実はなく、2万6000冊の文献や現地の人たちの
        証言を踏まえて事実に沿って制作したと担当者から報告を受けている。」
   
5月16日(土) 1100名以上のNHKへの抗議デモ


 最初は河野伸洋担当プロデューサーが会長に成り代って「偏向してないと回答し、それでも収まらない抗議に会長が記者会見で偏向して無いと言明しているのだから、NHKの回答は出尽くしたと考えてよいだろう。そして昨日の一千百名以上による抗議デモを受けて、NHKはどう出るであろうか。

 しかしNHKの対応は世間の常識とはかけ離れている。作った担当プロデーサーに対応させ、本人自身が「偏向してない」と強弁して公開討論会から逃げ回る姿をマスコミとして卑怯と思わない感覚が。
河野伸洋担当プロデューサーが作ったのであろう番組は誤解が有るとか、間違ったようです、なんて程度でなく、台湾の証言者の意図を歪曲し捏造した物であるから、その本人に回答させて逃げるNHKの組織の問題が問われているのだ。
喩えて言えばこれはよそ見運転で起きた交通事故でなく、白昼日本人と台湾の人が談笑している中に車を暴走させて両国の人を轢き殺した確信的殺人行為である。その殺人犯が「公道を普通に運転して人を殺す積りもなかったし、又轢き殺したとも思っていない。」と言っているのと同じである。
抗議をしている人は中共に頼まれて或いは媚中でこの番組が作られたとまで言って抗議しているのである。このプロデューサーの番組が偏向していないか第三者に検証するなり、公開討論会に出させて、両者の意見を戦わせるのがNHKのするべきことだ。
「自分は正しく、視聴者は無知だ」と見下ろしているNHKの姿勢が見える。

 12月31日の拙論で「NHK要塞へ蟻の穴を -番組制作に関するNHKの世論調査」と題してNHKの番組制作の問題を取り上げた。問題を一言で云えば、世界反戦平和論に毒された世間知らずの幼児性大人が独善的に番組を作るNHKの組織体制である。

 お金は苦労せずに入り、番組作りには誰も文句を言わせず(言われず)、それでいて高給取りの特定の思想に洗脳された幼児性大人が遊んでいるところがNHKであり、そんなワンダーランドから(ぬるま湯から)出ろと言っても無駄だろうと思う。

蛙の面と馬の耳を持った惰眠を貪るNHKには、小便だろうが念仏だろうがそれらは慈雨と子守唄なのであろう。
最終的にはおもちゃを取り上げる(NHKを解体する)事、そして今すぐ個人的に出来るお小遣いをあげない(受信料支払い拒否)事が、幼児の危険なお遊びにひやひやしている我々の残された対抗手段かなと思うようになって来た。




スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。