日本の再生に向けて

戦後教育の洗脳から脱却する為に、近現代史を学ぼう

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

鳩山と小沢、辞任はしたが辞職はしなかった

二人が進めた選挙運動で公約した「国民の生活が第一」にする為に、「三つの約束」、「七つの(政策)提言」、「五十の政策各論-具体的処方箋」が書かれている。

その基本である生活が第一には何が書かれているか:

民主党マニフェスト関東アピール:「国民の生活が第一」
約束 1.「年金通帳」で消えない年金。国が責任を持って全額支払います。
約束 2.安心して子育てできる社会。1人月額2万6000円の「子ども手当」を支給します。
約束 3.農業の元気で、地域を再生。農業の「戸別所得補償制度」を創設します。


約束1 なしのつぶて、今何をやっているのかわからん、長妻はだんまり
約束2 嘘がばれてしまったところ。辻褄合わせに今年より半額支給、財源がないから防衛、科学予算を削り始める。
約束3 宮崎の口蹄疫問題で農家の事などちっとも考えてない事がばればれ。

7つの政策提言なんて何もやる気なし、やったのは普天間基地騒動、外国人参政権法案上程画策、外国人住民基本法上程画策、夫婦別姓民法改正の画策等の日本破壊法案つくり。
もう一度7つの政策を眺めてみよう。やっていることは皆反対の事だけだ。

提言1.雇用を守り、格差を正す。
提言2.医師不足を解消して、安心の医療をつくる。
提言3.行政のムダを徹底的になくす。
提言4.地域のことは地域で決める「分権国家」を実現する。
提言5.中小企業を元気にして、日本経済を生き返らせる。
提言6.地球環境で世界をリードする。
提言7.主体的な外交を確立する


ーーーーーーーーーーーーーーー
 この嘘つきの張本人で脱税王と裏金王である二人が辞任した。
でも何故辞任なんだ。辞任でなく辞職であろう。2人は民主党に大貢献した人だ、その点では辞任でない。でも国民を裏切った国会議員である、辞めるのは任務でなく職業である。

鳩山よ、「職を賭す」と言ったのは誰だ、首相は職ではない、首相は崇高な任務なのだ、貴方はその任務を遂行できなかった、でもその前に国会議員と言う政治家の職業を辞めるべきである。嘘つき二枚舌で、60歳になっても母離れ出来ない自立心欠如、嫁を盗み、北の大地は寒いと嘯いて愛人を囲い、お金がないと言っては母親に無心したのが貴方だ。

国会議員の資格はない。
そしてそのような男を公認し国会議員として初当選させた自民党、こんな男を首相に推戴した民主党も責任を明確にすべきであろう。
自民党は今から遅くはないからあのような男を国会議員にした不明を国民に謝れ、
民主党は党声明を出して二度と起こさない事を誓い、非鳩山的・非小沢的後任を選ぶべきである。
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。