日本の再生に向けて

戦後教育の洗脳から脱却する為に、近現代史を学ぼう

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

菅(民主党代表)の最後っ屁

最後っ屁は何か?

落選議員の顔 千葉景子前参議院議員


 民主党もいよいよ詰まって来た感がする。
鳩山、小沢、前原、二度目の菅、と来て、若手の枝野を幹事長にしても所詮付け刃であった。

 政権をとってからは民主党の体質が一段と顕著になった。野党の時代は隠してきたが、隠さなくなったし、隠せなくなってきたのだ。
その本質とは、社会党であり、民意無視の独裁志向であり、そして反日である。その象徴とも言える千葉景子は落選となり葬られた、と思ったらゾンビのように生き返って、法務大臣を続けている。民意無視である。

 朝日などのマスコミは千葉の敗退を奇妙な論理で取り繕っている。
いわく、党の応援がなかった、民主2人擁立で千葉の票が新人に流れた、などと。
外国人地方参政権や偽人権法案を推進していた千葉景子とは一言も言わない。本当の事を言わないののがわかる。

 朝日新聞よ、そしてそれに追従する朝日型偽知識人よ、君たちの詭弁はとっくに見破られているのだよ。電車の中で、職場の中で、飲み屋で物知り顔にインテリ風にお喋りする君、君の頭の中は洗脳されたお花畑だと見破られているよ。それも知らないでお話しする君、反論されて黙ってしまう君、君は裸の馬鹿者だ。

でも我々は勝利の美酒を飲むのは早すぎる。振り返ろう、これと同じ状況があって、何が起こったか。
そうである、あの村山富市が何をしたか。彼の最後っ屁は臭くそして未だにその悪臭が残っていることを。

菅総理は何をやるだろうか。

慰安婦賠償、韓国への個人補償、北朝鮮との国交回復ー多額の戦時賠償、支那への(不要な)謝罪、三悪法案の衆議院可決、などをやるのではないか。

千葉を続投させその準備は着々としていると考えられないか。
これまではマニフェストに載せず、こそこそやってきた。産経新聞はそれをステルス戦法と読んだ。

もう千葉景子には失うものは何もない。人前で堂々と最後の最後っ屁をやらかすのではないか。
すべて千葉にやらせ、千葉は全部被って去る、そんなシナリオだろう。
千葉の最後っ屁と菅の最後っ屁、それは村山と河野洋平に勝るとも劣らぬ程に、臭く、何時までも残るであろう。

我々は準備しよう、屁を出させないように、屁が出てしまった撒く脱臭剤を準備しよう。そして一番の対策は、元から断つことだ。一刻も早くポストから外す事だ。努々油断してはいけない。まだ闘いは続く。

頑張ろう!

打倒 千葉景子

打倒 菅直人

スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。