日本の再生に向けて

戦後教育の洗脳から脱却する為に、近現代史を学ぼう

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

菅ペッ内閣と呼ぼう、'ペッ’と気持ちを込めて

ペッ内閣

内閣をどう名付けたら体を表すか皆さんそれぞれ工夫をしている。
この内閣を一言で知りたい表れだ。

自称、他称色々出ているが、それらを挙げてみると:

 自称
  ・奇兵隊内閣(竜馬ブームにあやかった命名。奇策もゲリラ戦法も無くあるのは革命的日本破壊政策)
  ・有言実行内閣(当初の意気込みは何処へ?今は虚言無実行?)

 当初はお手並み拝見であったが、最近は否定的なのが多い:
 他称
  ・ジェットコースター内閣(未だジェットコースターは軌道上を走っているのだが、、、)
  ・空き内閣(中身空っぽの空き缶とは!)
  ・仙内閣(主が千石官房長官と言うことか、柳腰でなく‘戦艦’位に雄雄しくなって欲しいと思うのは夢か?)
  ・全共闘内閣(内ゲバで終わりそうですね、でもその前に破壊しまくるでしょう)

  肯定的他称が少ないので、すこし前向きにこんなもんでどうだろうか:
・他国尊重内閣(謝罪を求める国あれば行って謝り、領海を侵犯する人あれば丁重に釈放する寛大さ)
・お大尽内閣(子供手当て支給、高速道路無料化、朝鮮学校援助等など。でも原資は自民党の預金?)

 でも少し皮肉っぽくなってしまう。

 こんなものはもっと体を表していないだろうか:
  ・ペコペコ内閣
   朝鮮併合100年で韓国に理由も無く謝り、支那には侵略されても敬称を使う低姿勢内閣、柳腰のペコちゃん人形だ

                ・ペロペロ内閣
   兎に角舐められっ放し。国民は気味悪くて見たくもないが、支那、ロシアは変態なのかと思うほど舐めて来る

                                ・最後っペ内閣
   落選千葉前法務大臣の最後っペは臭かった。偽人権擁護法案、夫婦別姓、死刑囚まで利用。地獄でいじめられそう

                 ・ペテン師内閣
   マニフェスト、消費税、朝鮮学校援助、領海侵犯ビデオ、朝鮮謝罪、普天間移設、、、細かい点は数知れず、
   息を吐くように嘘をつく内閣ですね。

  ・薄ッペラ内閣
   紙-マニフェストよりも薄く、国民への人情はさらに薄く、薄さはナノ単位のハイテクです

 こうして‘もうあ’と就任半年も経たずに国民からは見放されて、唾棄するが如くペッとされる内閣に成り果てた。

 朝鮮・支那・ロシアにペコペコした上に、領土ではペロペロ舐められまくれ、最後っペ落選前法務大臣を今も重用して国家解体に繋がる法案作りに勤(いそ)しみ、マニフェストに始まる嘘を今も吐き続ける薄ッペラ・ペテン師内閣は、辞めてもらいたい。
そう‘ペッともしたい我々の気持ちが入ってペッ内閣’と呼ぶのが一番その体を表す。

これは菅内閣への非難の言葉ではない。そんな事は無駄であることは百も承知だ。蛙の面にションベンだ。

真に情けないが是が現実だと己に聞かせる為に言うのだ。現実から逃げることなく、反省を込め、今後の戒めとして苦々しく叫ぼうではないか、
           ‘菅ペッ内閣’

                                 と。

この国難を救えるのは、我々自身だ。己を恃み、そして神の加護を祈ろう。
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。