日本の再生に向けて

戦後教育の洗脳から脱却する為に、近現代史を学ぼう

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

民主の最後っ屁 その1

夫婦別姓選択政策を強行
民主党の地である社会党が出てきた。

民主党はその本性をむき出しにして、独裁的な‘政治主導’で、国民の反対にも関わらず夫婦別姓選択の政策を決定した。
民主党の顔は表面であり、その表面に張り付いている自称‘保守派’は人寄せパンダであり、化粧を落とすと社会党丸出しの顔が見えた。

以下産経新聞の記事を転載する:

ーーーーーーーーーー
民主党の子ども・男女共同参画調査会(会長・神本美恵子参院議員)は2日、党政調役員会に
対して、選択的夫婦別姓制度の導入を事実上容認する提言を提出し了承された。政府の第3次男女
共同参画基本計画案への党提言の原案に当たるものだが、同日の調査会で保守系議員らが「世論を
踏まえておらず拙速だ」などと反発し、議論が紛糾したにもかかわらず、提出を強行した形だ。

 提言は「男女共同参画会議の答申を最大限尊重して第3次基本計画を策定すること」と明記した。

 政府の男女共同参画会議は7月、「選択的夫婦別姓制度を含む民法改正が必要」とした
「基本的な考え方」をまとめ、菅直人首相に答申。政府は年内に第3次計画を閣議決定するが、
答申を「最大限尊重」することは、選択的夫婦別姓制度の導入を容認することを意味する。

 2日朝の調査会では保守系議員から「世論の動向を踏まえるべきだ」「社会の仕組みの根本に
かかわる問題だ」「夫婦別姓の長所、短所をちゃんと検討しているのか」などの反対の声が
相次いだが、調査会役員は「世論にばかり左右されるものではない」として、神本氏への一任を
とりつけ、提出を強行した。

ーーーーーーーーーーーーーーー

 テレビに良く出てくる原口前総務大臣などを民主党の代表と思ってはいけない。

 裏で政策を操っているのは、旧社会党千葉景子であり岡崎トミ子であり、この元日教組の旧社会党員横路派の神本美恵子である。景子 トミ子、美恵子と、国会村に密かにすむ住む悪(ワル)の三婆だ。テレビには出てこない。
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。